映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「殺カレ死カノ」間宮祥太朗が“捨てられない彼女”桜井日奈子にいたずら思いつく

444

左から中尾暢樹、ゆうたろう、箭内夢菜、桜井日奈子、間宮祥太朗、恒松祐里、堀田真由、金子大地、小林啓一。

左から中尾暢樹、ゆうたろう、箭内夢菜、桜井日奈子、間宮祥太朗、恒松祐里、堀田真由、金子大地、小林啓一。

殺さない彼と死なない彼女」の完成披露上映会が本日10月17日に東京・新宿バルト9で行われ、キャストの間宮祥太朗桜井日奈子恒松祐里堀田真由箭内夢菜ゆうたろう金子大地中尾暢樹、監督の小林啓一が登壇した。

世紀末による4コママンガを実写化した本作では、ある高校生男女の風変わりな交流が描かれる。「殺す」が口癖の少年・小坂れいを演じた間宮は「“殺さない彼”なのに殺しそうなスーツで来ました!」と挨拶をし、笑いを誘う。登壇者の衣装は青で統一することになっていたそうで「僕のスタイリストが紫っぽいスーツを選んだんですよ。みんなはかわいい青なのにお恥ずかしいです」と照れていた。続けて「この作品は“2人”という最小の人間関係の話です。自分にとって大切な1人の存在がどれだけ大きいか、映画から伝わればよいと思います」と客席に呼びかける。

“優しい死にたがり”の少女・鹿野ななに扮した桜井は「作品とは全然関係ないんですけど……」と前置きしつつ「昨日この劇場で『ジョーカー』を観ました」と報告。すかさず間宮から「めちゃめちゃ殺しそうな彼ね」と声が飛び、会場に爆笑が起こっていた。

イベントでは作品のタイトルにちなみキャスト自身が「○○ない彼」「○○ない彼女」とフリップに書いて発表するコーナーも。間宮は「あまり感情が顔に出ない彼」と回答する。「いい仕事が決まったときにマネージャーが、テンション高めに連絡してくるエピソードを明かしながら「『ああ、そうですか……よかったっす』って返すと『もっとさあ、やったー!とかないの?』ってマネージャーに怒られるんです」と不満げに述べた。MCがマネージャーの気持ちもわかると同意すると「でも、人それぞれ感情表現の仕方があるので」と反論しつつ「でも、撮影現場で誕生日を祝ってもらったら『ああー!』ってやりますよ」とハイテンションな声を上げて見せた。続く桜井は「捨てられない彼女」と自身を表現。「服だったり、いただいた物は、いつか使うだろうと捨てられないんですよ」と語ると、間宮が「じゃあ、やたらと何かあげてみようかな! 永遠にいらないものを」とニヤリと笑う。

「なかなか切れない彼女」と答えた地味子役の恒松は、3歳からバレエをやっていたこともあり、髪を切る機会がなかったそう。きゃぴ子役の堀田は「間宮さんをいじれない彼女」と発表し「今日、変な服着てますね」とこの場を借りて、たどたどしく間宮をいじっていた。原作では君が代ちゃんにあたる撫子役の箭内が「選べない彼女」とフリップを掲げると、桜井が「わかるー!」とうなずき、「可愛くない彼」と八千代役のゆうたろうが答えると、間宮が「またまたー!」と笑う。「起きられない彼」と書いたイケメンくん役の金子は、オーディションにパジャマで行った話を披露。サイコキラーくん役の中尾が、電車の中で異臭を放つ人がいても「気にしない彼」であると表明すると、間宮は「ここに異臭のする人がいても気にしないんだね」と自分の匂いを念入りにチェックしていた。

最後に桜井は「ポスターのコピーに『君の隣で、世界は変わる。』とあります。この作品には心を許せる人が1人いればいいんだよというメッセージが込められてます。どうぞよろしくお願いします」とコメント。間宮は「泣かそうとか、感動させようとか、そういう匂いのしない映画になっていると思います。SNSのフォロワーの人数とか……確かにそれも大事なことだけど、大切な人とコミュニケーションを取れているかどうかが重要な気がします。この映画が心に残ったならば、自分の大事な人に口で伝えてください」とアピールし、イベントを締めくくった。

「殺さない彼と死なない彼女」は11月15日より東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

(c)2019映画「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

映画ナタリーをフォロー