松重豊が「ヒックとドラゴン」第3弾に参加、“最大の敵”ドラゴンハンター役

249

ヒックとドラゴン 聖地への冒険」の本予告がYouTubeで公開。あわせて、日本語吹替版に松重豊が参加していることがわかった。

松重豊

松重豊

大きなサイズで見る(全6件)

本作は「ヒックとドラゴン」シリーズの第3弾。第1弾から6年後の世界を舞台に、バイキングの長に成長したヒックと相棒であるドラゴンのトゥースたちが新天地を求めて旅をするさまが描かれる。

「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」より、グリメル。

「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」より、グリメル。[拡大]

松重豊

松重豊[拡大]

松重は本作の最大の敵であるドラゴンハンター・グリメル役で参加。アニメーション作品での悪役は初めてとなる。松重は「悪人を演じる方が実写ではやりやすいが、アニメ作品ではビジュアル的な悪さをどう声で表現するべきなのか、いろいろ考えた」と述べつつ、「白髪の大男の悪い奴っていうのは、まさに実写でも演じられるくらいぴったりなはまり役!」と自信をのぞかせた。本予告にはグリメルの「ドラゴンたちを皆殺しにしてやる」「しょせん、人間とドラゴンは敵同士なのだ」というセリフが収められている。

ディーン・デュボアが監督を務めた「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」は、12月20日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全6件)

関連記事

松重豊のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ヒックとドラゴン 聖地への冒険 / 松重豊 / ディーン・デュボア の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。