映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

西島秀俊の悩みに西田敏行「そのまま続けて」、中尾彬は“西田の歌”悔しがる

301

「任侠学園」初日舞台挨拶の様子。

「任侠学園」初日舞台挨拶の様子。

任侠学園」の初日舞台挨拶が本日9月27日に東京・TOHOシネマズ 新宿で開催され、キャストの西島秀俊西田敏行伊藤淳史中尾彬、監督の木村ひさしが登壇した。

本作は、社会奉仕がモットーの地元密着型ヤクザ・阿岐本組(あきもとぐみ)が、経営不振に陥った高校の再建に奮闘する姿を描く人情コメディ。西島が阿岐本組のナンバー2・日村、西田が組長を演じた。

西島は「皆さんに楽しんでいただくための作品なので、届いてやっと完成すると思っています」と挨拶し、観客から温かい拍手を送られるとうれしそうな表情を見せる。中尾は「一番悔しかったのは西田が歌っていること!」と西田が担当した挿入歌「また逢う日まで」に触れて、「シリーズ化されたら私が歌います。監督よろしく」と木村に目配せをした。そんな中尾に向かって、西田は「私は紅白歌合戦にも出ていて、俳優というより歌手と言っていただいたほうがいいのかも。中尾さんは歌う俳優なので私とはレベルが違うかと(笑)」と冗談を飛ばして観客を笑わせる。

同じ映画に出演するのは「アウトレイジ ビヨンド」以来となる西田と中尾。2人は共演時には映画の話を一切しないそうで、中尾は「芝居の話をしてもダメなんだよ。“生き様”しか話せないから」「いい戦友みたいなものです」とコメントする。一方の西田は「中尾さんは僕が芝居をやり始めた頃は若手のトップスターでした」と昔を懐かしみ、「(劇団を)あっという間に辞めちゃって、そのあとはずっとねじねじばっかり……」とこぼして中尾から「いいからもう!」とツッコまれていた。

イベントでは、登壇者が悩み相談に答える企画「助けて組長!」も行われた。ファンからの質問のあと、伊藤が「輝き続ける秘訣は?」と問うと、中尾は「次の仕事を待っているから続けられている。だから私には代表作がないんです」と返して観客を感嘆させる。西島の「このメンバーと一緒にいると飲みすぎてしまい、半分くらい覚えていないことも。自分がどうだったかを聞いたほうがいいのか、聞かずに次の飲み会に進んだほうがいいのか……」という悩みには、西田が「しらふのように見えたけど、酔ってたのね。実にうまい酔い方。そのまま続けてください」とのんびりと答えた。

終盤には、原作小説を手がけた今野敏がサプライズ登場して、「興行収入がどうであれ、私はこの映画が大好きです」「最後のシーンが泣けますし、組長の“部活”が好きです。日村はどのシーン、どのカットを見てもかっこいいのでうらやましい限りです」と本作を絶賛する。そして西田は「みんなが喜べる娯楽映画を作りたいという熱い思いがあったので、(共演者やスタッフとともに本作を作れて)幸せです。この幸せをちょっとでも皆様に届けられたかなと思います」と、西島は「阿岐本組や不良高校生たちに会いたいなと思っていただけたら、ぜひまた劇場に足を運んでください」と呼びかけて舞台挨拶を締めくくった。

※「任侠学園」の侠は旧字体が正式表記

(c)今野 敏 (c)2019 映画「任侠学園」製作委員会

映画ナタリーをフォロー