「ぼくのエリ」が1週間だけ上映、カンヌ受賞作「ボーダー」公開記念で

814

北欧ミステリー「ぼくのエリ 200歳の少女」が、10月4日から10日にかけて東京・ヒューマントラストシネマ渋谷でレイトショー上映される。

「ぼくのエリ 200歳の少女」ビジュアル (c) EFTI_Hoyte van Hoytema (c)EFTI MMVIII

「ぼくのエリ 200歳の少女」ビジュアル (c) EFTI_Hoyte van Hoytema (c)EFTI MMVIII

大きなサイズで見る(全7件)

本作は内気な少年オスカーと、ある秘密を抱えたエリの悲しくも美しい初恋を描く物語。原作小説を手がけたヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストが自ら脚本を担当し、トーマス・アルフレッドソンがメガホンを取った。キャストにはカーレ・ヘーデブラントリーナ・レアンデションらが名を連ねた。

「ボーダー 二つの世界」日本版ビジュアル

「ボーダー 二つの世界」日本版ビジュアル[拡大]

なお本上映は、リンドクヴィストの小説を映画化した「ボーダー 二つの世界」が、10月11日に封切られることを記念して行われるもの。同作で第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門グランプリに輝いた監督アリ・アッバシは「『ぼくのエリ 200歳の少女』は、映画が何か新しいものを発明したと言える作品だ」とコメントしている。

「ボーダー 二つの世界」公開記念「ぼくのエリ 200歳の少女」限定上映

2019年10月4日(金)~10日(木)東京都 ヒューマントラストシネマ渋谷
料金:1000円均一

この記事の画像・動画(全7件)

関連記事

トーマス・アルフレッドソンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)Meta_Spark&Karnfilm_AB_2018

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ぼくのエリ 200歳の少女 / ボーダー 二つの世界 / トーマス・アルフレッドソン / カーレ・ヘーデブラント / リーナ・レアンデション / アリ・アッバシ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。