映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「恋するアンチヒーロー」高崎翔太、高橋健介との身長差に凹む

489

「恋するアンチヒーロー THE MOVIE」公開記念舞台挨拶の様子。左から高橋健介、高崎翔太、佐分利眞由奈、小泉剛。

「恋するアンチヒーロー THE MOVIE」公開記念舞台挨拶の様子。左から高橋健介、高崎翔太、佐分利眞由奈、小泉剛。

恋するアンチヒーロー THE MOVIE」の公開記念舞台挨拶が本日8月31日に東京・シネマート新宿で行われ、キャストの高崎翔太佐分利眞由奈高橋健介、監督の小泉剛が登壇した。

演劇集団イヌッコロの舞台を映画化した本作は、世界征服をたくらむ悪の秘密結社シャムニャーンの戦闘員・真中進を主人公としたアクションラブコメディ。高崎が真中を演じたほか、ヒロインの藤井菜々に佐分利、狂犬戦隊ガルルンジャーのリーダーであるガルレッド / 赤沢勝に高橋が扮している。

入場早々から「背、高くない?」と高橋との身長差を気にする高崎。「劇中ではこんなに差なかったよね?」と観客に同意を求めながら、高橋の真横に並んで会場を沸かせる。続いて「ちょっとごめんなさい」と今度は佐分利と背比べ。この日、佐分利が高めのヒールを履いていたことから、高崎のほうが背が低く、またも肩を落としていた。高橋が「僕から言えるのは、ドンマイしかない」となぐさめる場面も。

オーディションで菜々役に抜擢された佐分利は「初めてのヒロインなんです。自分の顔がこんなにも大きなスクリーンに映るのも初めてで、試写でも自分の顔がすごく長く映ってる!とビックリしました」と述懐。「長く?」と周囲にハテナマークが浮かぶと、高崎は「時間が長いってことだよね? 顔は長くないよ(笑)」とすかさずフォローしていた。

特技に「絵を描くこと」と書いていた佐分利は、オーディションで監督の似顔絵を描いたそうで「すごい空気になってしまって……あとから『似てなかった』と言われました。セリフを言うより長い時間描いてました」と笑って振り返る。同じくオーディションで選ばれた高橋は、受かった理由を「別に芝居は関係ないらしくて、審査をしてる方の中に、一度だけ会ったことのある人がいたんです。名字が特徴的だったので覚えてて、最後に『お久しぶりです!』と声をかけたら『いいやつだな』って思われたみたいで」と回想。そんな佐分利と高橋のエピソードを聞いて、高崎は「みんな受かった理由が変じゃない?」とツッコミを入れた。

イベントでは「あなたにとってヒーローとは?」という質問も。佐分利が「両親」と素直に、高橋が「僕にとってのヒーローは僕ですね」と冗談交じりに答える中、小泉は「自分の中に頼れるもの、信じられるものを作るのが大事。それこそが自分の中のヒーローになるんじゃないか」と真面目に回答し、周囲を深くうなずかせる。高崎は近年のヒーロー作品の名を挙げ「ヒーローの概念自体が変わってきている」と長めに説明したのち、「やっぱり自分の中にある曲がらない強い心」と小泉とカブり気味の回答をしておどけてみせた。

「恋するアンチヒーロー THE MOVIE」は、シネマート新宿ほか全国で順次ロードショー。

(c)2018 羽仁修/「恋するアンチヒーロー」製作委員会

映画ナタリーをフォロー