映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

前田敦子「葬式の名人」現場の熱さ語る、高良健吾や白洲迅と茨木のイベント参加

272

左から大野裕之、佐藤都輝子、白洲迅、前田敦子、阿比留照太(手前)、高良健吾(奥)、樋口尚文。

左から大野裕之、佐藤都輝子、白洲迅、前田敦子、阿比留照太(手前)、高良健吾(奥)、樋口尚文。

葬式の名人」の先行上映会が本日8月14日に大阪・イオンシネマ茨木で実施され、キャストの前田敦子高良健吾白洲迅佐藤都輝子阿比留照太、監督の樋口尚文、プロデューサーの大野裕之が舞台挨拶を行った。

川端康成の作品群を原案とした「葬式の名人」は、高校の同級生の通夜に集まった面々が奇想天外な体験をするさまを描くコメディ。小学生の息子を持つシングルマザー・渡辺雪子を演じた前田は「現場のすべてが熱かった! 夏の暑いではなくて、情熱の熱さ。そして、私はすごくあきおに助けられました」と、息子・あきおに扮した阿比留に感謝を伝える。雪子の同級生である茨木高校の野球部顧問・豊川大輔役の高良は「本当に楽しかった。同世代が多く、ほかの現場とは違ってみんなで話し合いながら演技の動きだったり間だったりを作り上げていく感じが面白かった」と撮影を振り返った。

「皆様こんにちは。遺体役もとい吉田創役を演じさせていただきました」と挨拶したのは白洲。「遺体役でここまで画に映り続けるのはなかなかないと思いつつ、友達みんなが自分を囲んで悲しんでくれたり、楽しい思い出を語ってくれるのを聞いていて。気持ち、思いっていうのは本当に届くんじゃないかと思わせてくれるような作品でした」と“遺体目線”で映画の感想を語る。

そして佐藤は「家族や友人が楽しみに待ってくれていますし、それこそしばらく連絡を取っていなかった高校の友達が『ポスター見たで!』と連絡をくれたりして、本当にうれしく思います」と喜びをあらわに。本作で映画初出演を果たした阿比留は、当初不安を抱えていたと話し「監督が『あきおいいね』と褒めてくれたから、うれしくてパワーが出て撮影がうまくいったと思います」と樋口に励まされたことを回想した。

「葬式の名人」は8月16日に大阪・茨木市で先行ロードショー。9月20日より全国で公開される。

(c)“The Master of Funerals” Film Partners

映画ナタリーをフォロー