映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

池袋グランドシネマサンシャインの内覧会開催、IMAXレーザーが映画好きを待ち受ける

1928

IMAXレーザー / GTテクノロジーシアター

IMAXレーザー / GTテクノロジーシアター

7月19日に開業する東京・池袋の映画館グランドシネマサンシャイン。同劇場の内覧会が本日7月17日に行われた。

商業施設キュープラザ池袋内の4階から12階にオープンするグランドシネマサンシャインは、12スクリーン、2443席からなる都内最大級のシネマコンプレックス。池袋駅から徒歩で約4分の場所に位置している。

4、5階が吹き抜けのメインロビーの上部には、球体のオブジェクトに映像を投影した立体アート作品が。4階にはポップコーンやフライドポテトなどを販売する売店のほか、9台の券売機、グッズ売り場が展開されている。また、上映を待つ人々のために座席やベンチソファも用意された。5階の壁面や柱には「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」「アイネクライネナハトムジーク」など上映を予定している作品のポスターを設置。壁に沿ってベンチも備えられており、ここでも映画の上映を待つことが可能だ。さらにアメリカンワッフルの専門店・クラッパーズダイナーも。

6階には体感型シアター4DX with ScreenXを日本で初めて導入。体感型アトラクションシアター4DXと、3面マルチプロジェクション上映システムScreenXを融合させたシアターとなっている。オープン日の7月19日より「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」「ボヘミアン・ラプソディ」などが上映される。また8階にはオリジナル劇場規格BESTIA(ベスティア)のスクリーンが2つ設けられた。BESTIAでは、最新鋭のレーザープロジェクションシステムと3D音響が一体になることで、映画の中に入ったような感覚を楽しむことができる。

最上階の12階では、天井一面に広がる高さ10m、幅31.5mのLEDビジョンがまず目に飛び込んでくる。内覧会では新海誠の新作「天気の子」の映像が流れていた。同フロアはスカイラウンジと名付けられており、側面はガラス張り。イタリアンバル・バール パノーラマが出店されるとともに、テーブルや椅子も多数用意されているので、景色を観ながらワインやピザを堪能できる。そして、この階には国内最大となる高さ18.9m、幅25.8mのスクリーンを備えたIMAXレーザー / GTテクノロジーシアターが。従来のスクリーンより約40%広がったものになっており、大迫力の画角を実現する。7月19日からは「天気の子」「トイ・ストーリー4」「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が上映される。

なお各階やエスカレーターの壁面には、名作のポスターが飾られた。小津安二郎の「東京物語」やオードリー・ヘプバーン主演の「ローマの休日」、アルフレッド・ヒッチコックによる「サイコ」、スティーヴン・スピルバーグの「ジョーズ」、スタンリー・キューブリック監督作「シャイニング」などのポスターから、映画の歴史を感じ取ることができる。

上映スケジュールの詳細や料金については公式サイトで確認を。

映画ナタリーをフォロー