映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「おっさんずラブの世界には悪意がない」田中圭、イッキ見上映で愛語る

5799

田中圭

田中圭

「『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』公開記念!連続ドラマイッキ見上映会」が、本日7月9日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、主演の田中圭と監督の瑠東東一郎が登壇した。

2018年に放送された連続ドラマ「おっさんずラブ」は、田中演じるモテない独身ダメ男・春田創一、吉田鋼太郎演じる上司・黒澤武蔵、林遣都演じる後輩・牧凌太のピュアな三角関係を描くもの。その全7話をスクリーンにかける同イベントでは、3話までが上映されたところで田中と瑠東が登壇した。

ステージに上がった田中は、全国10会場で本イベントのライブビューイングも行われていることから「なんかすごいことしてますね。規模の大きさにびっくりしてます。“オフ会”と聞いてポップコーンとか持ってきたんですけど、マスコミさんもいっぱいいるし、ちょっと間違えたかな……」とお茶目な発言でファンを沸かせる。

ドラマ版の好きなシーンに関する話題で、田中が「どうしたって最終話は印象に残っていますね。結婚式での武蔵の男らしいところはグッと来るし……」と言うと、同話を担当していた瑠東は「気を使って7話にしてくれたの?」と笑う。また最終話の現場で瑠東と意見が食い違ったときのことを、田中は「(春田と牧が自宅で過ごす)ラストシーンでブラックアウトするところがあるんです。その続きはまあ、ご想像にお任せしますけど(笑)。そのときちょっと僕と監督で揉めたんですよ。だってあんなに大切なシーンで、ゾイドとゾイドがチューしてるところを撮ろうとするから!」と主張。春田がコレクションしている玩具・ゾイドで本編を締める予定だった瑠東は「あれ、ザワザワしたよね(笑)。プロデューサーにも圭くんにも怒られて、やめました」と振り返った。

このイベントでは、劇場版の新たな情報が続々解禁された。最新版の予告編が上映されると、春田と牧が浴衣で手をつなぐシーンでは歓声が起こり、黒澤が記憶喪失になってしまう場面では大きなどよめきが。自身も初めて同映像を観た田中は「すごーい! 面白そー!」と大興奮し、林との共演シーンのあまりの反響に「(今日登壇したのが)なんで瑠東ちゃんなんだよ、遣都だろ!って感じだよ?」とファンの気持ちを勝手に推測して笑いを誘った。

続いては、本作におかずクラブのゆいPが出演していることが明らかに。ゆいP演じる天空不動産の令嬢・速水薫子は、春田が巻き込まれるある事件に関係するキャラクターだそう。瑠東はゆいPと田中の撮影を「圭くんがうまいから、芝居を引き出していってくれて、現場はもう大爆笑。春田って基本巻き込まれていくキャラですけど、そのシーンが終わってから2人で『新たなパターンがあったな』と話しました」と回想し、春田の新たな一面が見られることに言及した。

劇場版公開に向けた意気込みを聞かれた田中は「まだ完成版を観ていないんですが、キャスト全員がやり切っているので悔いがないし、僕らの気持ちは絶対に届くと思う。めちゃくちゃ面白いと思います!」と断言。瑠東も「撮影が終わった瞬間に『すげえの撮れたな』って。もう2度とこんなの撮れないかもなってくらいのお芝居を撮らせてもらった」とキャスト陣に感謝を述べる。また田中は、クランクイン前に食事した際のことを「瑠東ちゃんは熱い人なんですよ。だから『俺は向こう10年、誰も作れない映画を作りてえ』とか言ってたんです。香港ロケについては『圭くん、スタントとか用意せんで?』って。何言ってるのかな?みたいな(笑)」と暴露し、瑠東を「それ酒飲んだときに言ったやつやん! 恥ずかしい!」と赤面させた。

イベントの最後には、明日7月10日に35歳の誕生日を迎える田中を、サプライズで祝福。ドラマに登場する武蔵のお手製弁当を模した巨大ケーキがステージに運ばれると、田中が即座に味見し、司会から「このあと撮影に使いますので……」と注意されてしまう一幕も。観客に歌で誕生日を祝われた田中は「恥ずかしい!」と叫び、35歳の抱負を「あの……がんばります。僕は『おっさんずラブ』の現場から学んだものがたくさんあります。すべての現場がこうあるべきだと思うくらい、この作品の現場が大好き。『おっさんずラブ』の世界って、スタッフ・キャストも、完成した作品も、まったく悪意がないんです。だから35歳の目標は、『おっさんずラブ』で学んだことをこれからも広めていきたいということ」と熱く語った。

「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」は8月23日より全国ロードショー。

(c)2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー