アンセル・エルゴート、米ドラマで東京の裏社会を駆け巡る新聞記者役

96

「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートが、アメリカのドラマシリーズ「Tokyo Vice(原題)」で主演を務めるとThe Playlistなどが報じた。

アンセル・エルゴート (写真提供:JAMES ATOA / UPI / Newscom / ゼータ イメージ)

アンセル・エルゴート (写真提供:JAMES ATOA / UPI / Newscom / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

原作は、日本で新聞記者経験のあるアメリカ人ジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタインによる著書「トウキョウ・バイス:アメリカ人記者の警察回り体験記」。エルゴートは本作で、全国新聞初の外国人記者として東京の裏社会を駆け巡ったエーデルスタインを演じる。監督は「ショート・ターム」のデスティン・ダニエル・クレットン。全10話構成のドラマとして製作される。

「Tokyo Vice」は、米ワーナーメディアによるストリーミングサービスにて配信予定だ。

※記事初出時より、一部表現を修正しました。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

全文を表示

関連記事

アンセル・エルゴートのほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アンセル・エルゴート / デスティン・ダニエル・クレットン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。