映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ジュンQと村井良大が握手し「カムサハムニダ!」、「最果てリストランテ」初日

7

「最果てリストランテ」初日舞台挨拶の様子。左から松田圭太、村井良大、ジュンQ、真宮葉月。

「最果てリストランテ」初日舞台挨拶の様子。左から松田圭太、村井良大、ジュンQ、真宮葉月。

最果てリストランテ」の初日舞台挨拶が本日5月18日に東京の池袋シネマ・ロサで行われ、キャストのジュンQMYNAME)、村井良大真宮葉月、監督の松田圭太が登壇した。

写真投影を取り入れた新しいスタイルの朗読劇「フォトシネマ朗読劇 最果てリストランテ」を映画化した本作。三途の川を渡る前に最後の晩餐を取るためのレストランを舞台に、ギャルソンの岬と料理人のハンが訪れる人々の思い出の料理を振る舞い、新たな旅路を見守るさまが描かれる。

ハン役のジュンQは実際の料理の腕前を問われると、「もともとは得意じゃないです。“辛ラーメン”を作るくらいで(笑)」と明かし、「たくさん練習しました。日本の家庭料理も作ったことがなかったので、いい経験になりました」と回想。松田が「本当にジュンQが作っているように見えたならよかったです。どこが彼でどこが彼じゃないのか……」と意味深な発言をすると、村井は「全部ジュンQですよ!」と慌ててツッコんだ。

朗読劇との違いを聞かれた村井は、「映画だと今ようやくお客さんの反応がわかるので、やっぱり違いますね。撮っている間は『これ、どういうふうに受け止められるんだろう?』とわくわくしながら演じていました」とコメント。本格的な映画出演は初となった真宮は「ごはんを食べてから涙があふれ出すシーンを演じたので、できるかなと不安だったんです。でも、感情が流れるように出てきたのでホッとしました。皆さんを困らせなくてよかったです(笑)」と振り返った。

互いの印象を尋ねられたジュンQと村井。まずジュンQが「朗読劇でも映画でも、隣で日本語の発音やセリフのアドバイスをしてくださったんです。本当に感謝しています」と村井に気持ちを伝えると、村井は笑顔で「カムサハムニダ!」と返し、ジュンQと握手を交わす。さらに村井は「とても自然体で素直な方。アドバイスをしたときも、一回もあきらめずに発音を練習していて。そういった姿勢の素晴らしさや心の温かさが映画にも出ていると思います」とジュンQを称賛。ジュンQがはにかみながら「カムサハムニダ」と言うと、村井はすかさず「サランヘヨ」と返答し、仲のよさをうかがわせた。

(c)2018「最果てリストランテ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー