映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

みやぞんが「アンパンマン」公開アフレコで即興曲披露、榮倉奈々も一緒に歌う

48

「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」の様子。左からアンパンマン、みやぞん、榮倉奈々、あらぽん、ばいきんまん。

「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」の様子。左からアンパンマン、みやぞん、榮倉奈々、あらぽん、ばいきんまん。

それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」の公開アフレコとミニ会見が5月9日に東京都内のスタジオで行われ、ゲスト声優の榮倉奈々みやぞんANZEN漫才)、あらぽん(ANZEN漫才)が登壇した。

劇場版「それいけ!アンパンマン」シリーズ第31弾となる本作では、“アイスの国”のバニラ姫とアンパンマンたちが、アイスの国を救うために奮闘する様子が描かれる。榮倉はバニラ姫、みやぞんはバニラ姫の教育係・ジェラート大臣、あらぽんはばいきんまんが作った最強メカ・バイキンアイスロボの声を担当した。

公開アフレコでは、声優経験のある3人が慣れた様子で収録を進めていった。みやぞんは、語尾を伸ばしたり、キャラクター名にかけて「~ト!」と発する特徴的なセリフに挑戦。あらぽんは終始「アイスー」と唸りつつ時折「あらぽーん」と挟みながら役に声を当て、榮倉は「アイスマイル、ユースマイル、アイスクリーム、アイスクリームの雪よ、降りなさーい!」とバニラ姫の決めゼリフを披露した。

アフレコ後の会見で“芸能界において頼れるアンパンマンのような人物”を聞かれると、みやぞんとあらぽんはそれぞれキャイ~ンのウド鈴木とビビる大木の名を挙げ、よき相談相手だと明かす。また榮倉は、親交のある飯島直子について「公私ともに相談させてもらっています。女性らしく色っぽいけど母性もある、私のヒーローです」と語った。

さらに、みやぞんは5月9日が「アイスクリームの日」であることにちなみ、スペシャルソング「アイスる気持ち」をギターで弾き語り。アイスへの感謝の気持ちや、みんなで食べることでさらにおいしくなることを歌い上げた。最後に「アーンパーンチ!」と一緒に歌った榮倉は「素晴らしいまとまりでした! 即興でできるなんてかっこいいです」とみやぞんを絶賛。それに対してみやぞんはギターを鳴らし、「そんなことなーいよ、榮倉さんの方がすごいよー」と謙遜した。

「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」は6月28日より全国公開。

(c)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (c)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019

映画ナタリーをフォロー