映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ペニーワイズの恐怖再び、「IT/イット」続編が11月に公開決定

1841

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」ビジュアル

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」ビジュアル

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」の続編が、「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」の邦題で11月1日に公開されることが決まった。

スティーヴン・キングの小説をもとにした「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」は、どこにでも姿を現す正体不明の殺人ピエロ“ペニーワイズ”の恐怖を描くホラー。2017年11月に封切られ、22億円を超える興行収入と約169万人の観客動員数を記録した。前作から27年後を描く続編は、連続児童失踪事件が再び発生し、大人になった“ルーザーズクラブ”たちのもとに「COME HOME COME HOME」というメッセージが届くところから物語が展開。「再び“それ”が現れたら戻る」と誓った27年前の約束を守るため、彼らは田舎町デリーに戻り事件の真相を追う。

前作に続き、アンディ・ムスキエティが監督を務め、ペニーワイズ役でビル・スカルスガルドが出演。成長したルーザーズクラブのメンバーとしてジェームズ・マカヴォイがビル、ジェシカ・チャステインがベバリーを演じるほか、ビル・ヘイダーイザイア・ムスタファジェイ・ライアンジェームズ・ランソンアンディ・ビーンがキャストに名を連ねる。

(c)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画ナタリーをフォロー