映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

さまよう男が見た影とは…モノクロ8mm映画「阿吽」公開、高橋洋登壇のトークも

177

8mmフィルムで撮影されたモノクロ映画「阿吽」が、4月13日から26日にかけて東京・UPLINK吉祥寺にてレイトショー公開される。

楫野裕の長編監督デビュー作となる「阿吽」は、20XX年の都内で大手電力会社に勤める男を主人公とする物語。ある日会社にかかってきた電話から「人殺し」という声を聞き神経衰弱に陥った男は、救いを求めてさまよい歩き、やがて得体の知れない巨大な影を見る。映画初主演となる渡邊邦彦が主人公・岩田寛治を演じたほか、堀井綾香佐伯美波篠原寛作宮内杏子松竹史桜上埜すみれ板倉武志らが出演。カナザワ映画祭2018「期待の新人監督」部門のオープニング作品として上映された。現在YouTubeにて予告編が公開中だ。

UPLINK吉祥寺では、各1点ものとなる50種類の映画オリジナルTシャツを販売。また上映期間中には、脚本家の高橋洋や、神道霊学研究家の武田崇元、中央大学教授の伊藤洋司が登壇し、楫野とトークを行う。さらに音楽集団・太陽肛門スパパーンとヒップホップグループBLYYによるミニライブも開催される。

「阿吽」上映期間中イベント

東京都 UPLINK吉祥寺
<登壇者>
4月13日(土)キャスト、スタッフ(予定)
4月16日(火)太陽肛門スパパーンメンバーによる特殊ユニットfeaturing中尾勘二 / しじみ(特別ゲスト)
4月19日(金)高橋洋
4月20日(土)BLYY
4月21日(日)武田崇元
4月23日(火)伊藤洋司
※上映後に開催
※いずれも楫野裕登壇

(c)2018yukajino

映画ナタリーをフォロー