映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

Studio 3Hz制作の忍者アニメ「BLACKFOX」今秋公開、坂本浩一による実写作品と連動

1135

「フリップフラッパーズ」のStudio 3Hzが手がけるオリジナルSFアニメーション「BLACKFOX」が2019年秋に劇場公開決定。新たなキービジュアルやPV、追加キャラクターとキャストも発表された。

本作の主人公・石動律花は、近未来の大都市の一角に暮らす忍者一族・石動家の長女。平凡な生活を送る律花だったが、突然何者かによって忍者屋敷が襲撃される。作品の総監督を務めるのは「ジョーカー・ゲーム」の野村和也。篠原啓輔が初監督を務め、「citrus」のハヤシナオキが脚本、「ハイスクール・フリート」の斎藤敦史がキャラクターデザインを担当する。また南條愛乃と八木沼悟志からなるユニット・fripSideが主題歌を担当することが決まった。

キャストには主人公・石動律花役の七瀬彩夏をはじめ、ミア役の戸松遥、メリッサ役の大地葉が並ぶ。さらに新たなキャストとして土田大津田英三藤原啓治豊崎愛生鳥海浩輔飛田展男東地宏樹小山力也の出演も明らかに。本作の最新映像を収めたPV第3弾はYouTubeで公開中だ。

なお本作との連動プロジェクトとして、特撮忍者アクション作品「BLACKFOX: Age of the Ninja」の制作も発表されている。同作の監督は「ウルトラマンジード」などの坂本浩一。アニメの設定をベースに、“祖先”にあたる女性忍者の姿が描かれる。

映画ナタリーをフォロー