映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

神様は本当にいるの?奥山大史の監督作「僕はイエス様が嫌い」予告編

186

奥山大史の監督作「僕はイエス様が嫌い」の予告編が、YouTubeにて公開された。

本作の主人公は、東京から雪深い地方にあるミッション系の小学校へ転校してきた少年ユラ。ある日彼は、願い事を必ず叶えてくれる“小さなイエス様”と出会いその存在を信じ始めるが、大きな試練にさらされることになる。ユラを佐藤結良、小さなイエス様をチャド・マレーンが演じた。

予告編には、ユラが「お金をください」という願いを小さなイエス様に叶えてもらうシーンなどを収録。紙相撲の土俵に紙人形と小さなイエス様を乗せて遊ぶ様子も映し出される。後半には「でもさ……神様って、本当にいるのかな?」というユラのモノローグが収められた。

「僕はイエス様が嫌い」は、5月31日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で順次ロードショー。

(c)2019 閉会宣言

映画ナタリーをフォロー