映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

僕はイエス様が嫌い

僕はイエス様が嫌い

ボクハイエスサマガキライ

解説

サンセバスチャン国際映画祭最優秀新人監督賞を史上最年少で受賞した新鋭・奥山大史監督が、脚本、撮影、編集も手がけた初長編。東京から地方の学校に転校した少年が、信仰について思いを巡らす様を描く。『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』に出演する佐藤結良が主演を熱演するほか、芸人チャド・マレーンのユーモラスな演技にも注目したい。

ストーリー

祖母と暮らすため、東京から雪の降る地方の小学校に転校することになった小学生のユラ。そこはミッション系の学校で礼拝の習慣があったが、ユラは慣れないその習慣に戸惑いを覚えていた。そんなある時、お祈りをするユラの目の前に小さなイエス様が現れる。

2019年5月31日(金)公開 / 上映時間:76分 / 製作:2019年(日本) / 配給:ショウゲート

(C)2019 閉会宣言

(C) PIA

僕はイエス様が嫌いのニュース

映画ナタリーをフォロー