映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「プリレジェ」関口メンディーが始球式登板、鈴木伸之「背中が15倍大きく見えた」

5336

始球式に臨んだ関口メンディー(左)。

始球式に臨んだ関口メンディー(左)。

映画「PRINCE OF LEGEND」キャストの関口メンディーが、本日3月18日に東京・東京ドームで行われた読売ジャイアンツ対シアトル・マリナーズのプレシーズンゲームにて、始球式に登場した。

本作は、圧倒的なルックスを誇る男たちが“伝説の王子選手権”で競うさまを描くラブエンタテインメント。始球式では金髪SP王子・ガブリエル笹塚役の関口がマウンドに上がり、片寄涼太飯島寛騎塩野瑛久鈴木伸之川村壱馬佐野玲於吉野北人藤原樹長谷川慎町田啓太清原翔遠藤史也こだまたいちが応援に駆け付けた。

2018年6月に時速133kmの投球を披露して以来、始球式への参加は2度目となる関口。マリナーズの選手や、原辰徳率いる巨人軍が見守る中、この日は時速127kmのボールを投げてみせた。自己ベスト更新には至らなかったものの、始球式後の取材で関口は「あまり悔しくはない」と告白。ジャイアンツの投手・菅野智之から事前にアドバイスをもらったことを回想し「外角低めを狙うといい、というアドバイスをいただきました。ちょっと狙いすぎてしまったかな」と反省した。

関口の投球を間近で見た片寄は「前回、僕は外から見ているだけだったのですが、今回はマウンドに立って間近でメンディーさんの勇姿を見ることができて、うれしかったです!」とコメント。鈴木は「メンディーさんの背中がいつもの15倍以上大きく見えました!!」と、佐野は「マウンドに向かう前に原監督とメンディーくんが会話をしていて、その会話が選手のようだった」と感動を語る。関口と大学の同級生である町田は「同級生のときはまさか、メンディーが始球式に登板して、その横で自分が応援するという絵は、思い浮かびもしませんでした。本当に誇らしいです」と心境を明かした。次回に向けて「140kmに挑戦したい!」と決意表明した関口は、今回の結果について「ごメンディー!!」と叫んだ。

守屋健太郎が監督を務めた映画「PRINCE OF LEGEND」は、3月21日より全国でロードショー。

関口メンディー コメント

127kmという結果、あまり悔しくはありません! メジャーのチームがいるということで、会場の雰囲気がいつもとは全然違う空気感の中、そのマウンドに立てたことが、本当にありがたかったです。ただマウンドに上がる前に、原監督から「135kmいけるか?」と声をかけていただいて、うれしくて「140いきます!」と答えたのですが、それでさらに緊張してしまって……。さらにアップ時に菅野投手にアドバイスをいただいたら、それを意識して狙いすぎてしまったりもして……。140kmは1つの目標でもあるので、次はしっかりチャレンジしたいです。超えたいです!

(c)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (c)HI-AX ALL Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー