映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「コードギアス」新作の動員50万人超えに福山潤、櫻井孝宏、ゆかならが感謝

172

「コードギアス 復活のルルーシュ」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

「コードギアス 復活のルルーシュ」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

完全新作映画「コードギアス 復活のルルーシュ」の大ヒット御礼舞台挨拶が、本日3月2日に東京のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で開催され、キャストの福山潤櫻井孝宏ゆかな小清水亜美村瀬歩、監督の谷口悟朗が登壇した。

本作は、2017年10月から2018年5月にかけて展開された「コードギアス 反逆のルルーシュ」劇場総集編3部作のその後を描いた物語。2月9日に公開されてから動員は50万人を超え、全国映画動員ランキングで3週間トップ10入りを果たしたことから今回の舞台挨拶が行われた。

キャストたちは、舞台挨拶に立てる喜びを口々に述べ、感謝の気持ちを伝える。「コードギアス」シリーズへ初参加となるシャリオ役の村瀬は、学生時代から好きだったアニメに新キャラクターの役者として関わることに不安があったことを明かすも、多くの人に受け入れられた感じがしたと安堵している様子。カレン役の小清水が、「何かの機会に着るかもしれない」と買っていたカレンのイメージカラーである赤色の洋服が着られたことを喜ぶと、客席から拍手が起きた。

劇中での印象的なシーンに話が及ぶと、村瀬はシャリオの姉・シャムナにとってのラストシーン、スザク役の櫻井は咲世子と玉城の2人の活躍が目立ったことに触れる。小清水がC.C.とカレンの別れのシーンについて「(C.C.のことが)やっぱ好きやねん(と気付いた)。もうちょっと一緒にいたかった」と話すと、ゆかなもその言葉に同意。小清水の感情も少し含まれていたと論じながら、「(テレビシリーズから)12年間のいろんなものが乗っかっていた」としみじみと語った。

続いて、谷口が再鑑賞時の注目ポイントとして、エンディングテロップに名前があり、「装甲騎兵ボトムズ」などの監督としても知られる高橋良輔が原画として関わった2つのシーンを挙げる。冒頭のカフェでのパーティシーンで玉城に話しかけようとする藤堂が持つ日本酒のラベルと、エンディング間際で玉城が飲んでいるジルクスタンのお酒のラベルだと明かし、谷口にとっての師匠である高橋が細かい部分を手がけたことに、登壇者もファンも驚いていた。

最後に福山は、50万人は当初想定していなかった数字と感慨深そうにコメントし、「『コードギアス』にとって100万という言葉はなじみ深い」と「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」第8話「百万のキセキ」内のエピソードを匂わせる。そして「100万人の(ジルクスタンの挨拶)『ナム・ジャラ・ラタック』、見たくありませんか?」と客席に問いかけ、大いに盛り上げた。

(c)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (c)2006-2018 CLAMP・ST

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー