映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

【日本アカデミー賞】平手友梨奈、芳根京子、成田凌、吉沢亮ら新人俳優賞に笑顔

3371

第42回日本アカデミー賞授賞式の様子。

第42回日本アカデミー賞授賞式の様子。

第42回日本アカデミー賞の新人俳優賞を獲得した上白石萌歌趣里平手友梨奈欅坂46)、芳根京子伊藤健太郎中川大志成田凌吉沢亮が、本日3月1日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式に参加した。

上白石は「羊と鋼の森」、趣里は「生きてるだけで、愛。」、平手は「響 -HIBIKI-」、芳根は「累-かさね-」「散り椿」で同賞を受賞。伊藤は「コーヒーが冷めないうちに」、中川は「坂道のアポロン」「覚悟はいいかそこの女子。」、成田は「スマホを落としただけなのに」「ビブリア古書堂の事件手帖」、吉沢は「リバーズ・エッジ」の演技が評価された。プレゼンターを務めたのは「あゝ、荒野 前篇」で第41回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を獲得した菅田将暉。菅田は「よく知ってるやつが何人かいるので照れくさいですけど、同世代の方と晴れやかな場所で会えるのはうれしいですね。僕も面白いものを作っていきたいと刺激を受けました」と言葉を贈った。

伊藤は「『コーヒーが冷めないうちに』を試写室で観たときに、監督にお手紙をいただいて。監督からの『あなたは観ている人を幸せにできる役者です』という言葉を胸に抱いて、これからもがんばっていきます」と決意を述べる。中川は「ここは自分にとって憧れの場所。この景色を見て、これからも映画に携わり続けたいと思いました」、成田は「映画の現場に行くたびに自分の未熟さを感じるので、ホッとしたのが正直な気持ちです。またこの場に帰ってこれたときは、自信を持って立ってられるようにしたいです」と述懐。吉沢は「これからもたくさんの映画に携わって、出会いを楽しめればと思います」と未来について話す。

芝居を初めて8年になるという上白石は「まだまだ思い悩んだり、苦しんだりを繰り返してますけど、間違いなく演じることには助けられています。これからも責任と覚悟を持っていけたら」とコメント。趣里は「生きてるだけで、愛。」で共演した菅田に感謝を伝え、「誰かの心に寄り添える人間でいられるように日々歩んでいきたいです」と将来を見据える。平手は「お芝居について自分に嘘をついているんじゃないかという疑問を持っていたんですけど、実際はそんなことはなく、自然体で演じられたのがうれしかったです」と撮影を振り返り、芳根は「お芝居をやらせていただいて6年が経ちました。『累-かさね-』『散り椿』はどちらも逃げたくなるような高い壁だと感じていたんですけど、真正面からぶつからせていただいたからここに立てていると思います。今後もいろいろな人生に挑戦していきたいです」と抱負を語った。

※日本アカデミー賞関連記事はこちらから

映画ナタリーをフォロー