映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「未来のミライ」米アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネート

820

第91回アカデミー賞のノミネーションがアメリカ現地時間1月21日に発表され、「未来のミライ」が長編アニメーション賞の候補に選出された。

細田守が監督を務めた「未来のミライ」は、4歳の男児くんちゃんと未来からやってきた妹ミライちゃんという不思議な“きょうだい”の冒険を描くファンタジー。上白石萌歌黒木華星野源麻生久美子役所広司福山雅治らがキャストに名を連ね、高木正勝が音楽を担当した。

細田はノミネートを受けて「小さな子どもの日常と成長を淡々と描いたこの可愛らしい作品が、ヒーローを描いた他の作品に混じって選ばれたということに、大きな意味と意義を感じています」とコメントしている。

そのほか同部門の候補には「インクレディブル・ファミリー」「犬ヶ島」「スパイダーマン:スパイダーバース」「シュガー・ラッシュ:オンライン」が選出された。なお第91回アカデミー賞の授賞式は日本時間2月25日に開催。映画ナタリーでは、アカデミー賞のその他の候補作について追って記事を配信する。

※記事初出時より、情報を追加しました。

細田守 コメント

「未来のミライ」が、第91回アカデミー賞にノミネートされたと聞き、
ただただ驚いています。
小さな子どもの日常と成長を淡々と描いたこの可愛らしい作品が、
ヒーローを描いた他の作品に混じって選ばれたということに、
大きな意味と意義を感じています。これをきっかけに、
より広く深く多くの方々に「未来のミライ」を楽しんでもらえたら嬉しく思います。

第91回アカデミー賞ノミネーション

長編アニメーション賞

「未来のミライ」
「インクレディブル・ファミリー」
「犬ヶ島」
「スパイダーマン:スパイダーバース」
「シュガー・ラッシュ:オンライン」

(c)2018 スタジオ地図

映画ナタリーをフォロー