「ゾンビ」「悪魔のいけにえ」2本立てと“一番怖いの人間ナイト”が新文芸坐で

275

ゾンビ(米国劇場公開版)」「悪魔のいけにえ 公開40周年記念版」の2本立て上映「ヒフとニクの日特別企画」と、「年末に浮ついてる人戒め企画 一番怖いの人間ナイト」と銘打たれたオールナイト上映が、12月29日に東京・新文芸坐にて行われる。

「ゾンビ」 (c)1978 THE MKR GROUP INC. All Rights Reserved.

「ゾンビ」 (c)1978 THE MKR GROUP INC. All Rights Reserved.

大きなサイズで見る(全14件)

「悪魔のいけにえ」 (c)MCMLXXIV BY VORTEX, INC.

「悪魔のいけにえ」 (c)MCMLXXIV BY VORTEX, INC.

「ミスミソウ」 (c)押切蓮介/双葉社 (c)2017「ミスミソウ」製作委員会

「ミスミソウ」 (c)押切蓮介/双葉社 (c)2017「ミスミソウ」製作委員会

「REVENGE リベンジ」 (c)2017 M.E.S. PRODUCTIONS - MONKEY PACK FILMS - CHARADES - LOGICAL PICTURES – NEXUS FACTORY - UMEDIA

「REVENGE リベンジ」 (c)2017 M.E.S. PRODUCTIONS - MONKEY PACK FILMS - CHARADES - LOGICAL PICTURES – NEXUS FACTORY - UMEDIA

「ヒフとニクの日特別企画」は、「ゾンビ」の監督ジョージ・A・ロメロと「悪魔のいけにえ」の監督トビー・フーパーが死去した2017年にも行われたもの。「一番怖いの人間ナイト」では、台湾発の青春ホラー「怪怪怪怪物!」、何者かによって銃撃の標的にされた大学生6人の恐怖を描く北村龍平の監督作「ダウンレンジ」、押切蓮介の同名マンガを内藤瑛亮が映画化した「ミスミソウ」、男たちに襲われた女性の復讐を描くフランスのバイオレンススリラー「REVENGE リベンジ」がスクリーンにかけられる。

「一番怖いの人間ナイト」のチケットは劇場窓口およびチケットぴあにて販売中。「ヒフとニクの日特別企画」のチケットは当日に劇場窓口にて購入できる。

※「悪魔のいけにえ 公開40周年記念版」はR15+指定作品

ヒフとニクの日特別企画 ゾンビ(米国劇場公開版)| 悪魔のいけにえ(公開40周年記念版)

2018年12月29日(土)東京都 新文芸坐
<上映作品>
「ゾンビ(米国劇場公開版)」
「悪魔のいけにえ 公開40周年記念版」
料金:一般 1350円 / 学生 1250円 / シニア、会員 1100円

年末に浮ついてる人戒め企画 一番怖いの人間ナイト

2018年12月29日(土)東京都 新文芸坐
開場 22:00 / 開映 22:15 / 終映 翌6:00(予定)
<上映作品>
「怪怪怪怪物!」
「ダウンレンジ」
「ミスミソウ」
「REVENGE リベンジ」
料金:一般 2300円 / 前売り券、会員 2100円
※18歳未満入場不可

この記事の画像(全14件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

ジョージ・A・ロメロのほかの記事

リンク

関連商品