映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ボヘミアン・ラプソディ」週末動員で連覇、「人魚の眠る家」は初登場3位に

203

11月17日から18日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「ボヘミアン・ラプソディ」が2週連続で1位に輝いた。

「ボヘミアン・ラプソディ」は、イギリスのロックバンド・クイーンとそのボーカルであったフレディ・マーキュリーの半生を描いた伝記映画。公開2週目にして92万人を超える動員を記録している。

先週に続き2位をキープした「ヴェノム」は、本日11月19日時点で112万人超の動員を達成。初登場作品として、東野圭吾の同名小説を堤幸彦が映画化し、篠原涼子と西島秀俊が共演した「人魚の眠る家」が3位に、BTS(防弾少年団)のドキュメンタリー映画「Burn the Stage : the Movie」が7位に、「ボーダーライン」の続編となるベニチオ・デル・トロ出演作「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」が10位にランクインした。

2018年11月17日~18日の全国映画動員ランキングトップ10

1.(1→ / 2週目)「ボヘミアン・ラプソディ」
2.(2→ / 3週目)「ヴェノム」
3.(NEW)「人魚の眠る家」
4.(4→ / 3週目)「スマホを落としただけなのに
5.(3↓ / 2週目)「ういらぶ。
6.(5↓ / 4週目)「映画HUGっと!プリキュア▽ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」
7.(NEW)「Burn the Stage : the Movie」
8.(6↓ / 2週目)「GODZILLA 星を喰う者
9.(8↓ / 4週目)「旅猫リポート
10.(NEW)「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」

※▽はハートマークが正式表記

映画ナタリーをフォロー