映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ういらぶ。」平野紫耀、クリスマスは「世間のリア充を恨みながらメンバーと鍋」

852

おかきタワーとお札パネルに囲まれた平野紫耀。

おかきタワーとお札パネルに囲まれた平野紫耀。

ういらぶ。」の公開記念トークショーが本日11月19日に東京・TOHOシネマズ 日比谷にて実施され、平野紫耀King & Prince)が出席した。

星森ゆきものマンガを佐藤祐市が実写化した本作は、ドSのふりをする“超こじらせ男子”の凛と、自分に自信が持てず彼の恋心に気付かない優羽の恋を描くラブストーリー。平野が凛、桜井日奈子が優羽を演じた。

大歓声の中、客席を通って登場した平野は司会者に「周囲の方々から『公開おめでとう』『映画観たよ』などというメールは届きましたか」と聞かれると、「あんまりメール見ないので……そういうのが来てると思います。今100何件くらいたまってますね」と明かし、「手が小さいから“あ行”に親指が届かないんですよ。どちらかというとメールより電話派です」と笑顔を見せる。

このトークショーは、SNSで募集した質問やリクエストに平野が答える形で進行。平野がボックスから用紙を取り出し、自ら読み上げていく。「何かを巡って争ったことはありますか」という問いには「基本僕、喧嘩になりそうだと譲っちゃうんです。でも、メンバー内で同じ子を好きになったら譲りたくない」と回答した。

「別れて数年経つが、好きな人が忘れられない」という悩みに平野は「本当に好きな人だったら別れて何年しても戻ると思う。皆さんも数年したら◯◯担になりますって行くと思うんですけど、運命だったら戻ってきてくれると思うんですよ。僕は信じております」と述べ、客席を大いに盛り上げた。

「一番ラブなものに対してハイテンションで愛を叫んでください」というリクエストを読んだ平野は、その場でぴょんぴょんと跳ねたあと、テンション高く「メンバーッ!」と叫び、照れ臭そうに「ノーコメントでいいですか?」とつぶやく。クリスマスの予定を聞かれると「舞台が終わってからメンバーと鍋やろうぜって話してます。世間のリア充たちを恨みながら鍋します。こじらせてますね」とはにかんだ。

続いて、「お札に載ること」を夢と公言している平野の肖像入りのお札を模したパネルと、大好物の濡れおかき800個が積まれた「おかきタワー」が運び込まれるサプライズが。平野は「わっ! めっちゃしょうゆ臭い!」と言いながらも「すごいうれしい! 2日で食えるぜ!」と喜び、会場を和ませた。

最後に行われた観客とのコール&レスポンスでは、観客がサプライズで「紫耀くんおめでとう!」と一斉にクラッカーを鳴らす。驚いてしゃがみ込んだ平野は「びっくりしたー! ありがとうございます……」と感謝しつつ、「撃たれたかと思いましたもん! 全員がこう(クラッカーを)向けてくるから」とコメントし、客席を笑いの渦に巻き込んだ。

玉城ティナ、磯村勇斗、桜田ひより、伊藤健太郎も出演した「ういらぶ。」は、全国でロードショー中。

映画ナタリーをフォロー