映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ドラゴンボール」新作に野沢雅子が“びっくり連発”、「かめはめ波」で会場一つに

365

「ドラゴンボール超 ブロリー」ワールドプレミアの様子。左から島田敏、野沢雅子、三浦大知。

「ドラゴンボール超 ブロリー」ワールドプレミアの様子。左から島田敏、野沢雅子、三浦大知。

ドラゴンボール超 ブロリー」のワールドプレミアが本日11月14日に東京・日本武道館で行われ、キャストの野沢雅子堀川りょう中尾隆聖島田敏久川綾古川登志夫宝亀克寿、主題歌を手がけた三浦大知、監督を務めた長峯達也が登壇した。

原作者の鳥山明が脚本とキャラクターデザインを担当した本作では、テレビシリーズ「ドラゴンボール超」後の世界を舞台に、孫悟空たちと伝説のサイヤ人・ブロリーの戦いが描かれる。登壇者たちは影ナレーションの呼び込みに応じて登場。会場にはレッドカーペットが敷かれ、悟空役の野沢は「そろそろオラとやろうぜ!」、ベジータ役の堀川は「こいつは遊んでる場合じゃなさそうだな」とそれぞれ役柄に合わせたコメントを披露しながらステージに向かう。本作のタイトルロールとなったブロリー役の島田が、拳を突き上げながら咆哮すると、観客のテンションは最高潮へと達した。

日本武道館でワールドプレミアを行うことに対してコメントを求められた野沢は「ただびっくりです。こんなところではあり得ないでしょう、あたくしたちは。すごくうれしいです」と笑顔を見せる。中尾はフリーザの声音で「素晴らしい! この一言です」とニヤリ。ピッコロ役の古川も「言葉もない……。素晴らしい」と役柄に合わせてコメントした。

主題歌「Blizzard」を歌唱した三浦はキャスト陣に囲まれ「震えています」と苦笑いを浮かべながら「本作はサイヤ人のルーツを語っている作品。登場人物がそれぞれ置かれている立場で本当の自分になるために、どう自分を超えていくか掘り下げている作品だと思いました。覆われてる氷を内側から打破して、自分を手に入れるんだという強い楽曲を作品に合わせて作れたらと」と楽曲に込めた思いを述べる。「Blizzard」を聴いた感想を問われた野沢は「私『びっくり』ばっかり言っちゃうんですけど」と前置きし「台本を読んだだけで、完成された作品をご覧にならないで作られたそうなんですが、もうぴったりなんです! この曲がなければあり得ないってぐらい。びっくりしました」と賛辞を贈った。

「ドラゴンボール」シリーズの劇場版第20作にあたる本作の仕上がりについて、野沢は「今までで一番いいですね。脚本を読みますと、こんな感じに仕上がるだろうなとわかるんですよ。でも、いい裏切りがありましたね。ちょっと違ってました」と語る。堀川はバトルシーンに言及し「今までで最高の迫力になると思います。でもバトルシーンのみならず随所に楽しめるところがあります」とコメント。中尾は「今回もおいしい役をいただきました。もちろん悪い役です。目いっぱい悪いやつを演じさせていただきました」と含みを持たせる。

2017年11月16日に死去した鶴ひろみの後を継ぎ、本作で初めて劇場版に参加したブルマ役の久川は「大好きな鶴さんが築き上げた、大事な大事なブルマを決して汚さないように、神聖な気持ちで演じました」と述懐。アフレコの段階から作画に期待していたという古川は「野沢さんがおっしゃったように大きく期待を裏切ってきました。この作画クオリティの高さは今までありません!」と絶賛した。ブロリーの父・パラガス役の宝亀は「親と子の関係を考えさせられるストーリーの展開でした」と回想。続けて長峯から受けたオーダーについて「『小物感を出してくれ』と言われました。それだったらいつでもOKですと答えました」と語る。

島田はアフレコを振り返り「私どもの業界で、テンションがマックスになると『頭の血管が切れたんじゃないの?』という例え話があるんです。今回は頭の中の花火に例えまして、最初は線香花火がはじけていって、後半はスターマインがパンパンパンパン!ってなるぐらい燃えてやらせていただきました」と身振りを交えて解説した。バトルシーンが強く印象に残ったという野沢は「『あれ、セリフなんか言った?』と思いました。言葉なんか言ってないと思ったぐらいだったんです。デュワー! デュワー!で」と独特の表現で説明する。マスコミ向けのフォトセッションには悟空、ベジータ、フリーザ、ブロリーも登場。キャスト陣は「かめはめ波」と声をそろえながらカメラに収まり、万雷の拍手の中でイベントは幕を閉じた。

「ドラゴンボール超 ブロリー」は12月14日より全国で公開される。

※記事初出時より画像を8点追加しました。

(c)バードスタジオ/集英社 (c)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

映画ナタリーをフォロー