映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

実写版「くるみ割り人形」バレエシーン映像到着、セルゲイ・ポルーニンの姿も

167

ウォルト・ディズニー・スタジオ作品「くるみ割り人形と秘密の王国」の本編映像が、YouTubeで解禁された。

本作は童話やバレエ、音楽などさまざまな形で親しまれている「くるみ割り人形」をラッセ・ハルストレムジョー・ジョンストンが実写化したファンタジードラマ。主人公クララをマッケンジー・フォイが演じた。

この映像に収められたのは、クララやキーラ・ナイトレイ扮するシュガー・プラムがバレエを鑑賞するシーン。同場面にはバレエダンサーのミスティ・コープランドとセルゲイ・ポルーニンが登場した。

コープランドは「スケールの大きいディズニー映画に出演できるなどとは思ってもみませんでしたし、私がバレエを始めたきっかけとこれまでのキャリアと深いつながりのある作品ですから、まるで夢のようです」と本作への出演を喜び、ポルーニンは「色が本当に美しいんだよ。輝いていたり、暗かったり。とてもマジカル。その印象が強烈に残っているね」と撮影時を振り返る。そしてナイトレイは「このシーン全体を撮影するのに1日12時間ほど3、4日間くらいかけていて、その中で彼女らは踊っていたの。彼女は足のあちこちに氷のパックをつけていたわ。体力、忍耐力は本当にすごかった。彼女はとても素晴らしいわ」とコープランドの努力を明かした。

「くるみ割り人形と秘密の王国」は、11月30日より全国でロードショー。

(c)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー