映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

門脇麦、成田凌、寛一郎、玉城ティナ、村上虹郎らがバカ騒ぎ「チワワちゃん」特報

633

岡崎京子の同名コミックを「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ」の二宮健が実写映画化した「チワワちゃん」の公開日が2019年1月18日に決定。あわせて特報がYouTubeにて公開され、ティザービジュアルが到着した。

本作は、友人グループのマスコット的存在だった“チワワちゃん”がバラバラ遺体となって東京湾で発見されたことから始まる青春物語。仲間たちの回想を軸に展開され、誰もが彼女の本名や本性を知らないまま一緒に過ごしていたことが明らかになっていく。

門脇麦演じる主人公・ミキのモノローグから始まる特報には、ミキに加え成田凌扮するチワワちゃんの元恋人・ヨシダ、寛一郎演じるヨシダの親友カツオ、玉城ティナ扮するチワワちゃんの親友ユミ、吉田志織演じるチワワちゃん、村上虹郎扮するチワワちゃんに思いを寄せるナガイがさまざまな場所でバカ騒ぎする様子が切り取られている。

なお、本作に主題歌「僕らの時代」を提供したのは“ハバナイ”の愛称を持つバンド、Have a Nice Day!。以前、ハバナイに短編の劇伴を依頼した二宮が声をかけたところ、「ぴったりな新曲がある」と逆オファーをされたという。「僕らの時代」について、二宮は「運命的な巡り合わせだと思う。“息もできないほど~僕らの時代”という歌詞が、まさにこの映画そのものだし、いい意味で僕の想像を超えてきてくれた」、門脇は「まるで映画を見て歌詞を書かれたかのように、ぴったり合っていて驚きました」とコメントした。

栗山千明浅野忠信も出演する「チワワちゃん」は全国でロードショー。

※「チワワちゃん」はR15+指定作品

(c)2019「チワワちゃん」製作委員会

映画ナタリーをフォロー