映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

女子高生が局部で男性器を食いちぎる「歯まん」公開、山下敦弘や井口昇がコメント

397

「歯まん」

「歯まん」

“生と性と愛”をテーマにしたダークファンタジー「歯まん」が、2019年春に東京・UPLINKで公開されることがわかった。

シッチェス・カタロニア国際映画祭やモントリオール世界映画祭、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭などに出品された本作。初めてのセックス中に肉体が変化し、局部を食いちぎる形で恋人を殺してしまった女子高生・遥香が、不安と孤独にむしばまれていくさまが描かれる。馬場野々香が遥香を演じ、小島祐輔、水井真希中村無何有宇野祥平らがキャストに名を連ねた。メガホンを取ったのは岡部哲也。

このたび「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018」での上映時にトークゲストとして登壇した山下敦弘をはじめ、映画監督の篠原哲雄豊島圭介井口昇、女優の冨手麻妙木嶋のりこによるコメントが到着。山下は「とにかく『歯まん』というタイトルで女が男性器を噛み切るストーリーにした岡部監督のあまりにもストレートで純度の高い志しに拍手をしたい。その志しに120%応えた主演の馬場野々香さんには花束を贈りたい。にしても宇野祥平っていう役者は変態を演らせると手に負えないということがわかりました」と語っている。

※「歯まん」はR18+指定作品

篠原哲雄 コメント

歯まん、って一体何だ?と思いながら、冒頭からエロスとタナトスが交錯する。ホラーかコメディかラブストーリーか?と観ていたら、愛とセックスどっちを選ぶなんて究極のチョイスを主人公に迫っているではないか! 面白いぞ、岡部。快楽に溺れる男の危うさをつくなんて。

豊島圭介 コメント

「ソフトボーイ」で助監督してくれた岡部が映画を撮った! しかもタイトルが「歯まん」! 一見グロな題材で究極の愛をテーマにした作品だ。岡部、こんな映画を撮りたかったとは! びっくりした。

井口昇 コメント

えっ! そんなタイトル付けちゃっていいの? 女性が見たら泣けるロマンテイックな恋愛映画でもあるのに! でも×××がちゃんと×××××する映画だから仕方ないか!

冨手麻妙 コメント

衝撃的な冒頭シーン。きっとこれは復讐または嫉妬のどろついた話に違いないなんて思っていたら、どこまでも純粋なストーリーで度肝を抜かれました。欲求のままに生きていられる私達にとって、主人公とその愛する人がどこまでも辛く感じてしまう。もっと私達は、愛する事と性行為に対して有り難みを感じないといけないと思ってしまった。

木嶋のりこ コメント

こんなにも切ない血しぶきを浴びる覚悟を持てる人が、今の世の中にどれほどいるだろうか。優しくて狂ってて純粋で愛おしい。「愛する人と身体を重ねるということは、特別で尊い」ということを改めて感じさせられる作品。

(c)2015「歯まん」

映画ナタリーをフォロー