映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「SUNNY」広瀬すず、池田エライザらがコギャル姿で渋谷をジャック

1222

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」トークイベントの様子。左から、田辺桃子、山本舞香、広瀬すず、池田エライザ、野田美桜、富田望生。

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」トークイベントの様子。左から、田辺桃子、山本舞香、広瀬すず、池田エライザ、野田美桜、富田望生。

本日8月31日に封切られた「SUNNY 強い気持ち・強い愛」のトークイベントが東京・HMV & BOOKS SHIBUYAで行われ、キャストの広瀬すず池田エライザ山本舞香野田美桜田辺桃子富田望生が出席した。

韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」をアレンジした本作では、平凡な専業主婦・奈美が余命わずかな親友・芹香の願いを叶えるため、高校時代の仲良しグループ“SUNNY”のメンバー再集結に向け奔走するさまを描き出す。女子高生時代のSUNNYに扮したメンバーは、ミニスカートの制服にルーズソックスを履いたコギャルファッションで登場。広瀬は「誰も現役(高校生)がいない……」と苦笑しつつも「今の学校ってここまで着崩せないのでうれしいです」と笑顔を見せる。劇中で細眉メイクを披露する野田は「特に私と桃子と梅ちゃん(富田)が細かった」と振り返り、田辺もうなずきながら「やっと生えてきました!」と笑った。

制服の着こなしを尋ねられた池田は「コギャル指導の方から、ルーズソックスやカーディガンのたるませ具合を教えていただいた」と話し、コギャル姿で渋谷での撮影を行った際のことを「めちゃめちゃ見られました!」と述懐。山本はコギャルのしゃべり方について「話を止めちゃ駄目って言われて。テンションを保つのが大変でした」と苦労を語り、「裕子(野田)と心(田辺)と梅(富田)がずっとしゃべってた」と3人を見る。ほかのメンバーから「梅はずっとしゃべってた!」「でも梅じゃなくなった瞬間にキャラ変わったよね」と暴露されると、富田は「それはシッだよ!」と慌てた様子を見せ、会場の笑いを誘った。

ここで、渋谷の街頭ビジョンをジャックしイベントの模様を生中継するコーナーに。キャストたちはカメラに向かって手を振ったりポーズを決めるなど、ハイテンションに映画をアピールする。特にテンションが高かった富田をほかのメンバーが「裏で練習したかいがあったね」「がんばった!」と再度いじり、富田は「だから練習したって言っちゃ駄目!」と必死に抗議した。

その後の囲み取材で、広瀬は「コギャルファッションには憧れがあるので、この衣装で渋谷来ちゃってるよって、楽しくなりました」とイベントを振り返る。また1990年代のヒットソングでお気に入りの曲を聞かれると、田辺は「TRFさんの曲を聞きながら撮影の支度をしていたので、エネルギーをもらいました」と述べ、山本は安室奈美恵の「SWEET 19 BLUES」を挙げた。また広瀬と池田は「PUFFYさんやCharaさんがもともと好きでした」「撮影でずっと曲を流していたので、どの曲にも思い入れがあります」とコメント。野田が久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」を挙げると、富田は「言われました!」と悔しげな顔を見せつつ、「野田さんが言ったように、この曲がかかるシーンがすごくロマンチックでドキドキするんです」と紹介した。

大根仁が監督を務めた「SUNNY 強い気持ち・強い愛」は現在公開中。大人になったSUNNYメンバーを篠原涼子、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美が演じた。

(c)2018「SUNNY」製作委員会

映画ナタリーをフォロー