酔ったメイドが騒動起こす、トニ・コレットとハーヴェイ・カイテルの共演作公開

51

フランス映画「マダムのおかしな晩餐会」が11月30日に公開される。

「マダムのおかしな晩餐会」

「マダムのおかしな晩餐会」

大きなサイズで見る(全7件)

「マダムのおかしな晩餐会」ポスタービジュアル

「マダムのおかしな晩餐会」ポスタービジュアル[拡大]

「マダムのおかしな晩餐会」はフランス・パリを舞台とするロマンティックコメディ。アメリカ人夫婦のアンとボブはセレブな友人たちを招いてディナーを開こうとするが、出席者の数が不吉な13人に。慌ててメイドのマリアを“ミステリアスなレディ”に仕立て上げて晩餐会の席に座らせるも、緊張のあまりワインを飲みすぎた彼女は下品なジョークを連呼。それがダンディな英国紳士に大ウケし、ある騒動に発展していく。

「マダムのおかしな晩餐会」

「マダムのおかしな晩餐会」[拡大]

「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレットがアン役、「スモーク」のハーヴェイ・カイテルがボブ役で出演。ペドロ・アルモドバル監督作の常連であるロッシ・デ・パルマがマリアに扮した。監督を務めたのはアマンダ・ステール

「マダムのおかしな晩餐会」は東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国にてロードショーとなる。

この記事の画像(全7件)

関連記事

トニ・コレットのほかの記事

関連商品

(c)2016 / LGM CINEMA – STUDIOCANAL – PM - Tous Droits Reserves