映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

トニ・コレットがミニスカメイド服で夫を誘惑「マダムのおかしな晩餐会」本編映像

18

「マダムのおかしな晩餐会」

「マダムのおかしな晩餐会」

トニ・コレットハーヴェイ・カイテルが出演する「マダムのおかしな晩餐会」より、本編の一部映像がYouTubeにて公開された。

アマンダ・ステールが監督した本作は、フランス・パリを舞台とするロマンティックコメディ。アメリカ人夫婦のアンとボブが、友人を招いたディナーの人数合わせのため、メイドのマリアを“ミステリアスなレディ”に仕立て上げ出席させたことから起きる騒動を描く。略奪愛の果てに愛も金も地位も手に入れたマダム・アンをコレット、資産家の夫ボブをカイテル、マリアをロッシ・デ・パルマが演じた。

このたび公開された映像は、夫を誘惑するため、セクシーなミニスカメイドのコスプレをするアンを捉えたもの。「マリアへの怒りを消し去るための治療よ」と説明するアンだったが、ボブに「(マリアへの)嫉妬か?」と指摘されてしまう。そしてついに腹をくくったボブがパジャマを脱いだところ、仕事の電話がかかってくるまでの模様が切り取られた。「シックス・センス」「ヘレディタリー/継承」などで知られるコレットのコミカルな演技を観ることができる。

「マダムのおかしな晩餐会」は11月30日より、東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国にてロードショー。

(c)2016 / LGM CINEMA – STUDIOCANAL – PM - Tous Droits Reserves

映画ナタリーをフォロー