映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ブレス しあわせの呼吸」アンドリュー・ガーフィールドにスポット当てた映像公開

110

「ブレス しあわせの呼吸」メイキングカット

「ブレス しあわせの呼吸」メイキングカット

アンディ・サーキスが監督を務める「ブレス しあわせの呼吸」より、主演のアンドリュー・ガーフィールドに焦点を当てた映像がYouTubeにて公開された。

「ブリジット・ジョーンズの日記」のプロデューサー、ジョナサン・カヴェンディッシュの両親の実話を映画化した本作は、28歳でポリオウイルスに感染し首から下が全身まひ状態となったロビン・カヴェンディッシュと妻・ダイアナの半生を描くヒューマンドラマ。ガーフィールドがロビンを演じ、クレア・フォイがダイアナを演じる。

公開された映像の中でガーフィールドは、脚本を初めて手に取った際の心境を「とても圧倒されたんだ。絶対に演じたいと思ったよ」と回想。ガーフィールドが役作りのため、ジョナサン・カヴェンディッシュの義歯を装着していたことも明かされている。このほか撮影風景やフォイのインタビューも収められた。

「ブレス しあわせの呼吸」は9月7日より東京・角川シネマ有楽町ほか全国でロードショー。

(c)2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and the British Film Institute. All Rights Reserved

映画ナタリーをフォロー