映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

飯豊まりえと武田玲奈はあうんのコンビ!「マジで航海してます。」制作発表会

1027

左から武田玲奈、飯豊まりえ。

左から武田玲奈、飯豊まりえ。

ドラマ「マジで航海してます。~Second Season~」の制作発表会が本日7月23日に東京・スパイラルホールで行われ、キャストの飯豊まりえ武田玲奈平岡祐太宮崎秋人水野勝BOYS AND MEN)、植野行雄デニス)、監督を務めた井口昇が出席した。

2017年7月より放送された「マジで航海してます。」の続編となる本作。実習船を降りて海洋大学を卒業した坂本真鈴と石川燕が、夢をつかみ船乗りとしての第一歩を踏み出したあとの物語が全6話で展開される。前作に引き続き飯豊が真鈴、武田が燕を演じ、撮影は約2週間をかけて実際の船上で行われた。

この日は第1話上映ののち、舞台挨拶が行われた。互いに前作がテレビドラマ初主演だった飯豊と武田。その続編が作られたことに喜びを隠せない飯豊は「2人だけのシーンだと撮影がものすごく速いんです。もうあうんの呼吸でした」と述懐する。2015年のドラマ「監獄学園-プリズンスクール-」の頃から武田を起用している井口は、彼女を「年々成長していく。最初は小動物のようにおどおどしてたけど、堂々と演技してくれるようになった」と称賛。さらに「2人ともアドリブも多くて。僕が演出をつけようとしても『あれですよね?』とすぐに判断してくれるんです」と続けた。

真鈴ら後輩の航海士たちを厳しく指導する“鬼のチョッサー”こと神崎拓也を演じた平岡。「軍人のような気分でした(笑)。なんでこんなかわいい子に罵声を浴びせてるんだろうって」と撮影を振り返る。そして、実の弟が航海士である平岡は「船の中にずっといなければならない弟の仕事の苦労を知れましたね」と明かした。真鈴に恋心を抱く新人機関士・如月光役の宮崎は、かつて自動車整備に関する学校に通ったこともあるそう。「機関室のオイルの匂いにニヤニヤしてしまいした。ひさしぶりにつなぎも着れて、懐かしかったです」としみじみ。筋トレ狂の二等航海士・晴海修作を演じた水野は、第1話にある自身のトレーニングシーンについて「あんなにテカテカしてるとは思わなかった(笑)」と言及し会場の笑いを誘った。

7月27日に21歳の誕生日を迎える武田をサプライズで祝福する場面も。飯豊がスプーンでケーキをすくって差し出すと、武田は満面の笑みで頬張った。イベントには主題歌「炎・天下奪取」を歌うBOYS AND MENのメンバーである田中俊介田村侑久勇翔も出席。前作で筋肉自慢の鳴海新太を演じた勇翔が、第3話にゲスト出演することも発表された。最後に武田は「スタッフさんも前作と同じ方ばかり。初日の最初の撮影でスタッフさんが『帰ってきたな』と言っていたのがすごく印象に残ってます。真鈴と燕の成長した姿を見た視聴者の方々に『懐かしい。おかえりなさい』と思ってもらえたらうれしい。海のお仕事コメディ、ぜひ楽しんでください」とメッセージを送った。

「マジで航海してます。~Second Season~」は、7月よりMBS、TBSのドラマイズム枠ほかにて順次放送。

マジで航海してます。~Second Season~

MBS 7月29日(日)スタート 毎週日曜 24:50~
TBS 7月31日(火)スタート 毎週火曜 25:28~

(c)「マジで航海してます。~Second Season~」製作委員会

映画ナタリーをフォロー