「未来のミライ」上白石萌歌がすみだ水族館へ、「映画の中と行き来している気持ち」

248

未来のミライ×すみだ水族館 小さな世界の、大いなる命の物語。」のオープニングイベントが、7月13日に東京・すみだ水族館で行われ、「未来のミライ」に出演する上白石萌歌が出席した。

「未来のミライ×すみだ水族館 小さな世界の、大いなる命の物語。」オープニングイベントに出席した上白石萌歌。

「未来のミライ×すみだ水族館 小さな世界の、大いなる命の物語。」オープニングイベントに出席した上白石萌歌。

大きなサイズで見る(全5件)

「未来のミライ」ビジュアル

「未来のミライ」ビジュアル

4歳の男児“くんちゃん”と未来からやってきた妹“ミライちゃん”という不思議な“きょうだい”の物語を描いた本作。上白石がくんちゃん、黒木華がミライちゃんに声を当てている。上白石は、カージナルテトラ2000匹が泳ぐ幅7mの水槽の前でトークセッションとテープカットを行った。同水族館には、プライベートでも何度か訪れているそうで「映画のイベントで来られたことにすごくご縁を感じます」と挨拶。

上白石萌歌

上白石萌歌

すみだ水族館にある自然水景の展示は映画のモチーフにもなっており、カージナルテトラの群れは劇中にも登場する。「本当に映画の中と行き来しているような気持ちになりますね」と夢見心地の上白石は、さらに「家族の歴史をくんちゃんと一緒に冒険できる、大きな広がりを持った映画だと思います」とコメント。そして「家族の話なので、お子様連れや育児中のお父さんお母さん、あとは小さなお子様にも夏の冒険として観てほしい」と呼びかけた。

細田守が監督を務めた「未来のミライ」は7月20日より全国でロードショー。

この記事の画像(全5件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2018スタジオ地図