映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

異形との恐ろしくも悲しい愛を描く「ホスティル」公開決定

137

「ホスティル HOSTILE」

「ホスティル HOSTILE」

第50回シッチェス・カタロニア国際映画祭で観客賞にノミネートされた「ホスティル HOSTILE」が、9月中旬に公開される。

クエンティン・タランティーノ、クリント・イーストウッド、リュック・ベッソンらのもとで助監督を務めたマチュー・テュリの長編監督デビュー作となる本作。夜になると未知のクリーチャーが現れ人間を狩る終末の世界を舞台に、タフな若き女性ジュリエットと異形の恐ろしく悲しい愛を描き出す。ブリタニー・アッシュワースがジュリエットを、「クリムゾン・ピーク」「死霊館 エンフィールド事件」のハビエル・ボテットがクリーチャーを演じる。

YouTubeにて公開中の映像には、ジュリエットが車を横転させ荒野に取り残されてしまう様子や、クリーチャーらしき生き物を銃撃するシーンなどが切り取られている。

「HOSTILE ホスティル」は東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開。

(c)French Post Apocalyptic Film

映画ナタリーをフォロー