「エンジェル、見えない恋人」盲目のヒロイン捉えた場面カットが公開

269

「神様メール」のジャコ・ヴァン・ドルマルが製作総指揮を執るベルギー映画「エンジェル、見えない恋人」より、ヒロイン・マドレーヌの場面写真が公開された。

「エンジェル、見えない恋人」新場面写真

「エンジェル、見えない恋人」新場面写真

大きなサイズで見る(全5件)

「エンジェル、見えない恋人」ポスタービジュアル

「エンジェル、見えない恋人」ポスタービジュアル[拡大]

「エンジェル、見えない恋人」新場面写真

「エンジェル、見えない恋人」新場面写真[拡大]

本作は、目に見えない姿で生まれた青年エンジェルと盲目の少女マドレーヌの恋を描くラブロマンス。エンジェルは盲目ゆえに彼の秘密を知らないマドレーヌと恋に落ちるが、マドレーヌが目の手術を受けようと決意してから生活が一変する。成長したマドレーヌを本作で長編映画初主演を飾ったフルール・ジフリエ、エンジェルの母ルイーズをエリナ・レーヴェンソンが演じた。公開された写真には、少女時代のマドレーヌが手を差し出す様子などが収められている。

俳優としても活動するハリー・クレフェンが監督を務めた「エンジェル、見えない恋人」は10月13日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像(全5件)

関連記事

ジャコ・ヴァン・ドルマルのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2016 Mon Ange, All Rights Reserved.