映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

熱海映画祭にパク・シフや板野友美ら登壇、行定勲×ホ・ジノによるトークも

113

第1回熱海国際映画祭が、6月28日から7月1日にかけて静岡・熱海市で行われる。

オープニング上映作品は、久本雅美板野友美のダブル主演作「イマジネーションゲーム」。そしてコンペティション部門出品作のほか「殺人の告白」「ゆずりは」「きらきら眼鏡」「贅沢な骨」「カメラを止めるな!」などバラエティ豊かな作品がスクリーンにかけられる。さらに俳優パク・シフのトークショー、滝川広志コロッケ)登壇イベント、行定勲と「八月のクリスマス」で知られるホ・ジノによるトークセッションも実施される。

また、監督・塚本晋也の舞台挨拶付き「ヒルコ/妖怪ハンター」の無料上映をはじめとして、「活動弁士と楽団で観るサイレント映画」「クリヤ・マコト映画音楽ベストコンサート」「シネマ meets ミュージカル」といった企画も。上映スケジュールなどの詳細は映画祭の公式サイトで確認してほしい。

なお、初日のレッドカーペットおよびオープニングセレモニーには、滝川、加藤雅也飯島直子、パク・シフ、宮地真緒、板野、ホ・ジノ、杉野希妃らが参加予定だ。

第1回熱海国際映画祭

2018年6月28日(木)~7月1日(日)静岡県 救世会館大ホール、ホテルサンミ倶楽部ほか
料金:プレミアムパス 3万円 / 1日パス券 2200円 / 4日通しパス券 4000円
<上映作品>
「イマジネーションゲーム」
「殺人の告白」
「ゆずりは」
「きらきら眼鏡」
「夜明けまで離さない」
「オペラ座の怪人(1925年)」
「贅沢な骨」
「カメラを止めるな!」
「ホテル・エルミタージュ」ほか

映画ナタリーをフォロー