映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「キュウレンジャー」岐洲匠&石垣佑磨が再共演宣言、神谷浩史は顔出し出演の裏側語る

3509

「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」完成披露舞台挨拶の様子。

「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」完成披露舞台挨拶の様子。

宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」の完成披露舞台挨拶が、本日5月28日に東京・新宿バルト9にて開催され、キャストの岐洲匠岸洋佑山崎大輝大久保桜子榊原徹士田口翔大南圭介石垣佑磨岩永洋昭、監督の坂本浩一が登壇。サプライズゲストとして神谷浩史も駆け付けた。

VSシリーズ最新作に当たる本作は、スーパー戦隊第41作「宇宙戦隊キュウレンジャー」をメインとしたVシネマ。まずは神谷以外の10名がステージに上がり、ラッキー / シシレッド役の岐洲が「ただいまー!」とファンに呼びかける。キュウレンジャーとギャバンはテレビシリーズでも共闘したことから、岐洲は「18話のときに石垣さんが『またキュウレンジャー絡みの作品に出られたらいいな』と言っていて。まさかこんなに大きな形で実現できるとは」と、十文字撃 / 宇宙刑事ギャバンtypeG役の石垣と再共演した喜びを語る。また18話の撮影と同時期に「キュウレンジャー」の追加キャストオーディションが開催されていたそうで、石垣は「俺は追加戦士のオーディションだと思ってあの回の撮影に臨みました」と打ち明け、鳳ツルギ / ホウオウソルジャー役の南を慌てさせた。

ハミィ / カメレオングリーン役の大久保が、石垣や烏丸舟 / 宇宙刑事シャイダー役の岩永との出会いを「18話の頃アフレコ室で初めて石垣さんにお会いして、強そうだなっていう第一印象を抱きました。でもこの作品で岩永さんにお会いしたら、もっと強そうだなって(笑)」と振り返ると、ナーガ・レイ / ヘビツカイシルバー役の山崎も「強そうっていうか、強いもんね」と賛同。スティンガー / サソリオレンジ役の岸は、本作の見どころを「キュウレンジャーの今まで見せなかった部分や、劇中の4年間で成長した部分が出せていると思う」とアピールした。

スパーダ / カジキイエロー役の榊原は、最年少キャストである佐久間小太郎 / コグマスカイブルー役の田口の名を挙げ「僕らのアイドル田口くんが、岩永さんを敬愛していました。段階があって、最初は南さんのことが好きだったんです。でもそのあと岐洲っちのことが好きになり、今では同等のレベルで岩永さんを好きになった。結果的に南さんが若干フェードアウトしていきました」と笑いを誘う。田口は、「翔ちゃん、俺の屍を越えていけ!」と叫ぶ南のことは気にせず「岩永さん、本当にすごいんですよ。人間性に惹き付けられるんです」と岩永へ尊敬のまなざしを向ける。岩永が田口へ「俺たちががんばって腰を振ったところ、カットされたんだよね」と実演しながら話しかけると、岸は「やめてもらえますか」と即座に制止した。

ここでショウ・ロンポー / リュウコマンダー役の神谷がサプライズ登壇。神谷は本作の感想を「みんなで試写室で観たあと、焼肉を食べながら『超面白かったよね』ってずっと話していたんです」と興奮気味に語る。またあるシーンで大塚明夫らとともに顔出し出演もしていることを明かし「監督には『抱腹絶倒なアドリブをやってくれれば』とだけ言われたんです!」と暴露。しかし坂本はあっさりと「そのとき、M・A・Oちゃんのほうに集中してたから」と答えて笑いを起こす。また神谷は同シーンについて「スパーダと段取りを決めていたんですが、大塚さんはスパーダのお尻を触るという……。しかもスパーダはそのあと『グラッツェ!』って言ってるから(笑)」と回想。南は「これ、どんな映画なの!?」とツッコんでいた。

最後に共演してみたいヒーローを聞かれた石垣は「1つ言えることは、こいつとはもう1回共演します!」と言って岐洲と肩を組む。そして「また坂本浩一監督とこのシリーズができたらいいなと思います。今回はキュウレンジャーの作品に出させていただいたので、いつか恩返しがしたい」とコメント。また岐洲は客席を見渡して「何度も来てくれる方の顔は覚えているので、安心するんです。これからもこの仕事をがんばるので、よろしくお願いします」と話し、「ヨッシャラッキー」の掛け声でイベントを締めくくった。

東映ビデオの新たなVシネマレーベル“Vシネクスト”の第1弾「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」ソフトは8月8日に発売。6月30日より劇場上映が行われる。

(c)2018 東映ビデオ・東映AG・東映 (c)2017 テレビ朝日・東映AG・東映

映画ナタリーをフォロー