映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

深川麻衣「パンバス」ロングランで愛媛&広島へ「たくさんの方に愛されてうれしい」

131

松山城を訪れた深川麻衣(右)。

松山城を訪れた深川麻衣(右)。

パンとバスと2度目のハツコイ」のロングラン御礼トークイベントが行われ、主演の深川麻衣が愛媛・松山シネマサンシャイン大街道、広島・イオンシネマ広島西風新都を訪れた。

4月27日、初めて愛媛を訪れたという深川は「初めて出演させていただいたこの作品が、このようにたくさんの方に愛されていることがとてもうれしいです」と語り、2月17日の封切りから上映劇場が拡大していることへの喜びを伝える。また「愛媛出身の友達もいるのですが、愛媛はとても人がいい印象です」と述べて観客を沸かせ、「先ほど松山城にも行かせていただいたのですが、映画がロングランし、こうして初めて愛媛にも来させていただくことができて本当に幸せです。ありがとうございます」と心から感謝した。

翌28日には、前日オープンしたばかりのイオンシネマ広島西風新都にて、同劇場初の舞台挨拶ゲストとして登壇。「乃木坂46にいたときもライブで来させていただいたことがあって、とてもお世話になっている場所です」と広島の印象を語り、本作の舞台挨拶の実施回数が30回を超えることについて「こんなに長期間、いろいろな劇場に来させていただけるとは思ってもなかったので、すごく光栄です。今日も広島でこうやって舞台挨拶ができたのも、来てくださる皆さんがいるからこそですので感謝の気持ちでいっぱいです」と再び謝辞を述べた。

全国で上映中の「パンとバスと2度目のハツコイ」は、独自の結婚観を持つパン屋の店員・市井ふみと、その初恋の相手・湯浅たもつが織りなすラブストーリー。深川がふみを、山下健二郎(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)がたもつを演じ、今泉力哉が監督を務めた。

(c)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー