映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ミロシュ・フォアマンが死去、「カッコーの巣の上で」「アマデウス」でオスカー獲得

453

ミロシュ・フォアマン(写真提供:Mandoga Media / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

ミロシュ・フォアマン(写真提供:Mandoga Media / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

チェコスロバキア出身の映画監督ミロシュ・フォアマンが、現地時間4月13日にアメリカで死去したとThe Playlistなどが報じた。86歳だった。

フォアマンはチェコスロバキアで1968年に起きた変革運動「プラハの春」を機にアメリカに移住。1976年日本公開のジャック・ニコルソン主演作「カッコーの巣の上で」でアカデミー賞の作品賞など5部門を受賞する。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの才能に嫉妬の炎を燃やす作曲家アントニオ・サリエリの物語「アマデウス」でも作品賞など8つのオスカーを獲得。その後もジム・キャリーが実在のコメディアン、アンディ・カウフマンを演じた「マン・オン・ザ・ムーン」など話題作を発表した。

キャリーは自身のTwitterで「彼と一緒に仕事ができたことを光栄に思う。それは記念碑的な素晴らしい経験だった」とフォアマンを追悼している。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

映画ナタリーをフォロー