映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「アベンジャーズ」集結式、ももクロ百田夏菜子が「私には米倉涼子さんがついてる」

610

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」集結式の様子。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」集結式の様子。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」集結式が本日3月14日に東京のザ・ガーデンルームにて開催され、日本語吹替版キャストの米倉涼子溝端淳平百田夏菜子ももいろクローバーZ)が登壇した。

本作は、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のアンソニー・ルッソとジョー・ルッソの兄弟が監督を務めた「アベンジャーズ」シリーズ第3弾。まずはステージにアイアンマンとキャプテン・アメリカが現れた後、ブラック・ウィドウ役の米倉とファルコン役の溝端が登壇した。それぞれの役を続投することについて、米倉は「気を引き締めてがんばっていきたい」と、溝端は「またアベンジャーズの一員としてこの場に帰ってこれたことを光栄に思います」と感慨深げに述べる。マーベルファンである溝端は、本作での敵・サノスに関して「まあ、ついに来たかという感じです。いろんなパワーや最先端の技術、そして知能を持っていますから……。『シビル・ウォー(/キャプテン・アメリカ)』でチームが分裂してしまいましたが、アベンジャーズみんなで団結しないと勝てない相手だと思う」と説明した。

本作には、ドクター・ストレンジやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間たち、そしてブラックパンサーといったヒーローも登場。ここで、現在全国で公開中の新作「ブラックパンサー」にて、ブラックパンサーの妹である天才科学者・シュリの吹替を担当した百田がステージへ。「ブラックパンサー」吹替版のオファーを受け「心の底からガッツポーズが出るくらいうれしかった」という百田は、この「アベンジャーズ」最新作へも参加することについて「こんなことってあるんですね。本当に急な展開だったので。『マーベル作品はいろんなつながりがあるから、どこで何があるかわからないよ』と聞いてはいたんですが、こんなに早く、まさか自分が『アベンジャーズ』の世界にも加われるなんて信じられないです」と心境を明かす。

そんな百田へ、先輩としてアドバイスを求められた米倉は「(必要なのは)チームワークです! 吹替をしているときは孤独なんですよ。だからいつもみんながついているって気持ちになることが大事」と言葉をかける。「私には米倉さんがついてるんですね!」と目を輝かせた百田は、「ついてます!」と返され、「キャー! めちゃめちゃ心強いです!」と大興奮。溝端からも「百田さんはアベンジャーズ吹替史上、一番声がかわいい。米倉さんを信じてついていけば大丈夫だと思います」と言われ、「シュリは天才科学者なので、私も皆さんを一生懸命声でサポートできるようがんばります」と意気込んだ。

「自身にとっての最強の敵や、ラスボス的存在は?」という質問に百田は、ももいろクローバーZでの担当色が赤であるにもかかわらず「トマトです。赤い食べ物が苦手なんです……。アイドルとして苺が好きって言いたい気持ちもあるんですけど、どうしても食べられない」と回答。それを聞いた溝端は思わず「最強の敵の話までかわいいですね……」とこぼす。インフィニティ・ストーンにちなみ「これさえあれば最強になれるアイテムは?」と聞かれると、米倉の“赤身の肉”、溝端の“銭湯”に続き、百田が“愛犬”と答える。溝端に「またかわいい!」と絶賛された百田は、「やだ、その流れ! やっぱり乾き物です! 乾き物にします!」と照れながら訂正していた。

最後に、作品を楽しみにしているファンへ米倉が「観たことのないアベンジャーズが観られると、私自身信じています」と、溝端が「ファンの皆さん待望の作品だと思います。全世界と一緒に、日本の皆さんも一緒に盛り上がっていけたら」と語りかける。そして百田が「どんな映画になっているのか、ラスボスはどれくらい強いのか楽しみにしています。私自身楽しみながら、精一杯シュリの声をがんばろうと思います」と話し、イベントを締めくくった。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は、4月27日より全国でロードショー。

(c)2018 MARVEL

映画ナタリーをフォロー