“人狼面接”はいい緊張感「シュウカツ4」安里勇哉、伊藤昌弘ら主演7名が舞台挨拶

498

シュウカツ4 人狼面接」の舞台挨拶付き先行上映会が本日7月4日に東京のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われ、主演キャスト7名とMCとして監督の千葉誠治が登壇した。

左から安里勇哉、伊藤昌弘。

左から安里勇哉、伊藤昌弘。

大きなサイズで見る(全13件)

「シュウカツ4 人狼面接」ビジュアル

「シュウカツ4 人狼面接」ビジュアル[拡大]

本作は就職活動をテーマに、内定を巡る若者たちの心理戦を描いた「シュウカツ」シリーズ第4弾。「シュウカツ4」は、集団面接を受ける就活生4名の中に1人の裏切り者がいる「人狼面接」、ブラック企業を告発しようとする就活生を描いた「就職という名のゲーム2」の2話で構成された。

森嶋秀太

森嶋秀太[拡大]

松田昇大

松田昇大[拡大]

この日は「人狼面接」から安里勇哉(TOKYO流星群)、伊藤昌弘太田将熙松田昇大森嶋秀太が劇中衣装を着て登壇。面接官役のため唯一フォーマルなスーツではない森嶋が「皆さんのスーツ姿がかっこいいなと。撮影のときも普段街で見かけるサラリーマンとは格段に違うかっこよさにチクショウ!と思ってました」とほかのキャスト陣をうらやましそうに見回す。続く松田は「声優さんだと知らず、最初はめっちゃいい声の人だな!と思ってました」と森嶋を褒めちぎった。

左から安里勇哉、伊藤昌弘、太田将熙。

左から安里勇哉、伊藤昌弘、太田将熙。[拡大]

安里勇哉

安里勇哉[拡大]

太田は「伊藤さんの笑い方が死ぬほど怖かった」と、劇中で1人ひとりが笑うシーンの撮影を述懐。「目は笑ってないのに口元だけ笑ってる。伊藤さんの笑い方は尋常じゃないです。本編観てもやっぱり怖かった」と振り返ると、伊藤は「あそこが一番自然にできました(笑)。実生活じゃできないことをやれるのはすごく楽しかった」と手応えをにじませる。また安里は「皆さんと初めましてだったので、自然といい緊張感のなかでやれました。ただワンシチュエーションの作品に慣れてなかったので、撮影中はあの空間にいるだけでしんどくなってました」と苦労を明かした。

正木郁

正木郁[拡大]

株元英彰

株元英彰[拡大]

「就職という名のゲーム2」からは梅津瑞樹をのぞく、株元英彰正木郁が出席。本作は新型コロナウイルスの影響により、予定していたビルでの撮影ができなかったそう。正木は「面白いけど大変な現場だった」と話しながら、「撮影が朝方だったので普通に出社してくる人もいて。本番が始まるたびに、エレベーターがチンと開いて人が出てきたり、一般の人がトイレから出てくるのを待ったり(笑)」と、想定外の出来事に四苦八苦したことを回想。株元は「千葉さんとスタッフのチームワークがすごいんです。自分たちもやっと3人で仲良くなってきたなというところで撮影が終わってしまった。もっとしゃべりたかった」と心残りを語った。

「シュウカツ4 人狼面接」は7月24日からユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で公開。またこの日は出席が叶わなかった梅津が登壇する舞台挨拶が、7月13日に開催される。チケットは本日18時より劇場の公式サイトで販売。なお7月31日より大阪のシネ・リーブル梅田、8月より愛知・シネマスコーレでも上映される。

この記事の画像(全13件)

関連記事

安里勇哉のほかの記事

リンク