映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

中村優一が貴重な染谷俊之をゲット!?「黒蝶の秘密」完成披露イベント

146

「黒蝶の秘密」完成披露イベント。左から中村優一、染谷俊之、永尾まりや。

「黒蝶の秘密」完成披露イベント。左から中村優一、染谷俊之、永尾まりや。

黒蝶の秘密」の完成披露イベントが本日5月27日に東京・星陵会館にて行われ、キャストの染谷俊之中村優一永尾まりやが登壇した。

本作は、染谷演じる主人公・富山良平が引っ越し先のアパートで起きた不可解な出来事の真相を探るミステリーホラー。「星降る夜のペット」「怖すぎる話 劇場版」の仁同正明がメガホンを取った。

染谷は「日曜日の朝から、こんなに重い作品を観ていただいてありがとうございます」と挨拶。印象に残ったシーンを問われると、中村が演じた不動産屋・岡崎が血まみれになるシーンを挙げる。中村が「ペットボトル1.5リットル分の血糊を思いっきりかけられたんです。さらに自分は雨男なので、撮影中に土砂降りになっちゃって。雨と血でわけがわかんなくなってました」と明かすと、染谷が「もう、なんの料理だよってくらいかけられてたね。めちゃくちゃ味が濃いオムライスみたいだった」と続けて笑いを誘った。永尾もそのシーンに触れ「血まみれじゃない中村さんを見るのは今日が初めて」と述べると、さらに客席が沸く。

演じるうえで難しかった点を聞かれた染谷は「撮影の前日まで舞台でアイドル役を演じていたんです。一転して心理的に追い込まれていく主人公を演じなければならなかったので、自分を見失いそうになりました」と吐露。それを受けて中村が「追い込まれてる染さんを見たことがなかったので、かわいい。今日は貴重な染さんをゲットしました」と笑顔を見せる。その後も中村は映画の一番好きなシーンについて「染さん(演じる富山)が悪夢にうなされて枕を抱きしめるシーンが好きです。かわいかった」と発言。染谷が「これがヒューマンホラーだわ!」とツッコむと、会場は爆笑に包まれた。

最後に染谷は「幽霊よりも人間的な怖さのほうがリアル。一番の恐怖を感じてほしい」とコメント。中村は「大好きな染さんがたくさん詰まっている映画なので、よろしくお願いします」とアピールし、終始染谷への愛を示していた。

水沢エレナ、岩松了、美保純らもキャストに名を連ねる「黒蝶の秘密」は2018年秋に公開。

(c)2018「黒蝶の秘密」製作委員会

映画ナタリーをフォロー