映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

間宮夕貴、井之脇海、田中日奈子、山本圭祐を写す「サイモン&タダタカシ」新カット

125

「サイモン&タダタカシ」より、間宮夕貴演じるマイコ。

「サイモン&タダタカシ」より、間宮夕貴演じるマイコ。

第24回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)スカラシップ作品「サイモン&タダタカシ」の新たな場面写真が公開された。

本作は「PFFアワード2014」でジェムストーン賞を受賞した小田学の長編監督デビュー作。内気で繊細な高校生サイモンと同級生タダタカシの旅が描かれている。親友に叶わぬ恋心を抱くサイモンを阪本一樹、その思いにまったく気付かないタダを須賀健太が演じ、2人の旅の目的である“運命の女”マイコ役を間宮夕貴が務めた。

今回公開された場面写真は12枚。マイコのほか、サイモンとタダが旅の途中で出会うヤンキー柳田、柳田の恋人・千代、マイコを巡ってタダと火花を散らす童貞・高木の姿が捉えられている。

小田は井之脇海を「脚本以上にキャラを深堀りしてお芝居してくれるのが演出する側としても面白く、現場でも助かりました。自身も映画を撮っているとのことで、撮る側の視点を持っているから、客観的に自分の芝居を見れているのかもしれません」と称賛。田中日奈子の起用理由を「オーディションで見た際に、圧倒的に芝居の勘がよかった。今の時代にそぐわないヤンキー役に説得力を持たせることができるのではないかと思う力がありました」と明かす。そして自主制作映画時代からタッグを組んできた盟友・山本圭祐については「アイデアを少なくとも4、5個は用意してくるので、こちらの要求に対しての答えがいつも早く、かつ面白い。監督としては非常にやりやすい役者」と述べた。

「サイモン&タダタカシ」は3月24日より東京のシネ・リーブル池袋ほか全国で順次公開。なお全国の上映劇場にて2月10日より、阪本と須賀がデザインしたイラストやサインが入ったポストカードの付く前売り券が販売される。

(c)『サイモン&タダタカシ』製作委員会 (c)PFFパートナーズ

映画ナタリーをフォロー