NetflixがProduction I.G、ボンズとアニメ作品の業務提携を発表

184

Netflixが日本のアニメプロダクションProduction I.G、およびボンズとアニメ作品における包括的業務提携を結んだことを発表した。

Netflixロゴ

Netflixロゴ

大きなサイズで見る

Netflixは両社とアニメエピソードをそれぞれ共同で制作し、全世界190カ国に配信する予定。またProduction I.Gとの業務提携には、グループ会社であるWIT STUDIOも含まれる。

Netflixはこの業務提携の目的を、「日本発のハイクオリティなアニメ作品を制作し、190カ国への配信を通じて、Netflixメンバーに届けるアニメのラインナップを強化すること」としている。またアニメ制作に従事するクリエイターにとっては、「作品をNetflixの配信を通じてこれまで以上に数多くの海外アニメファンに広く届ける機会を得ることができる」と説明。さらにNetflixのユーザーにとっては「言語や文化の壁を超えて日本発のハイクオリティなアニメ作品を視聴し楽しむことが出来る」とし、ユーザー、クリエイター、プロダクションにとって「win-win-winの関係がNetflix上で完結する」と発表した。

Production I.G代表取締役社長である石川光久、ボンズ代表の南雅彦、Netflixのグローバルアニメ責任者であるロバート・ロイによるコメントは下記に掲載。

石川光久 コメント

日本発の高品質なコンテンツをNetflixを視聴する世界中の人々に届け、楽しんで頂くことができるのは、アニメに関わる制作者にとって非常に喜ばしいことです。言語問わず楽しんでいただけるようなコンテンツの制作に努めます。

南雅彦 コメント

世界中の視聴者に対して作品を発信できる今回の提携は、弊社のクリエーターにとって大きな意味があることだと感じています。今後Netflixと一緒に、国籍や年齢を問わず多くの人に感動を与え、末永く見続けてもらえる良い作品を制作していきたいと思います。

ロバート・ロイ コメント

日本のアニメは独自のビジュアルインパクトやストーリーの深さが世界中のアニメファンから定評があります。このたびI.G様およびbones様と提携させて頂くことで、アニメ作品のプロデュースから配信にまで携わらせていただくことを大変うれしく思います。Netflixが日本のアニメ文化の発展、また国や言語を超えるグローバルな配信に貢献できれば幸いです。

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

関連商品