ドラマ「モブサイコ100」モブ役・濱田龍臣、おかっぱ頭に思わずニヤリ

534

ドラマ「モブサイコ100」の記者会見が、本日1月15日に都内にて行われ、キャストの濱田龍臣波岡一喜、与田祐希(乃木坂46)、大塚明夫、監督の坂本浩一が登壇した。

濱田龍臣

濱田龍臣

大きなサイズで見る(全19件)

左から坂本浩一、与田祐希(乃木坂46)、濱田龍臣、波岡一喜、大塚明夫、エクボ。

左から坂本浩一、与田祐希(乃木坂46)、濱田龍臣、波岡一喜、大塚明夫、エクボ。[拡大]

ドラマ「モブサイコ100」メインビジュアル

ドラマ「モブサイコ100」メインビジュアル[拡大]

ONEのマンガを実写化した本作は、普段は目立たず不器用な性格だが、超能力持つ少年・モブこと影山茂夫を主人公とした物語。原作のビジュアルを忠実に再現してモブを演じた濱田は、本日の会見にもおかっぱ頭で登場し、「実際に演じているときは大丈夫でしたけど、プロモーション映像で改めて見ると『すごい髪型してるなあ』と思ってにやっとしてしまいます」と笑う。坂本とは特撮ドラマ「ウルトラマンジード」でもタッグを組んでおり、「モブは挙動不審なところがあるんですが、そういう部分がかわいく見えるように坂本監督とお話をさせていただきながら、自分の中でも試行錯誤をして。小動物感が出るようにがんばって演じさせていただきました」と一緒にキャラクターを作り上げていったことを明かした。

与田祐希(乃木坂46)

与田祐希(乃木坂46)[拡大]

続いて霊幻新隆役の波岡は「僕は“僕なりの霊幻新隆”をやろうとするつもりは、まったくなくて。原作に忠実に霊幻新隆を体現できたらいいなと思って挑みました」、ツボミ役の与田は「天然だったり学校のアイドル的存在だったりチャーミングなところがある役なので、そういうところを引き出していけたらと思います」と意気込みを語る。

大塚明夫(右)に演技を褒められ、照れた様子の濱田龍臣(左)。

大塚明夫(右)に演技を褒められ、照れた様子の濱田龍臣(左)。[拡大]

アニメ版と同じくエクボに声を当てる大塚は、「青春群像劇でありアクションであり、コメディであり。すべての要素が入っていながらもテンポよく話が進んでいく」と本作の魅力をアピール。また今回のドラマではアフレコ中の大塚の口元を撮影し、その動きをエクボの映像にはめて使用しているという。大塚は肉体改造部に入部したモブがランニングをするシーンに触れ、「モブが力尽きて倒れてしまうんですけど、その倒れ方がアニメーションの倒れ方とまったく一緒でびっくりしまして。アニメを観た方も楽しんでいただけると思います」と太鼓判を押す。坂本は原作について「絵の雰囲気と内容のギャップに驚いた」と述べ、「(物語の)中心となるメンバーだけでなく、覚醒ラボや爪のメンバーなど各キャラクターが印象的だったので、できるだけキャラクターの雰囲気を損なわずに、その面白さをドラマでも伝えられるようにと思っています」と見どころを語った。

濱田龍臣(右)に天然ぶりを暴露されてしまい恥ずかしがる与田祐希(中)。

濱田龍臣(右)に天然ぶりを暴露されてしまい恥ずかしがる与田祐希(中)。[拡大]

会見では与田の天然エピソードで盛り上がる場面も。与田は「現場に入ってからすごい『天然』とか『ツボミちゃんっぽいね』って言われるんですよ。でも具体的な例が思い浮かばなくて……」と困った様子を見せるが、濱田から「ケータリングで夜ご飯が出たときに、(与田が)ご飯を持ったまま動いてないなと思って顔を見たら、目を閉じてるんですよ。『ご飯食べてる途中に寝てる!』と思って(笑)」と撮影中のエピソードを暴露され、「黙想してたんじゃないですか? 記憶にございません(笑)」と恥ずかしそうに返答した。

ドラマ「モブサイコ100」は1月18日よりNetflixとテレビ東京がタッグを組むドラマ枠「木ドラ25」にてオンエア。Netflixでは、ひと足早く配信開始している。

この記事の画像・動画(全19件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

濱田龍臣のほかの記事

リンク

関連商品

(c)ONE・小学館/ドラマ「モブサイコ100」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 濱田龍臣 / 波岡一喜 / 乃木坂46 / 大塚明夫 / 坂本浩一 / ONE の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。