コミックナタリー Power Push - 「モブサイコ100」

ONE×立川譲監督対談 優しさを根っこに、ビックリ箱のような驚きをお届け!

小学館のマンガアプリ・マンガワンと、裏サンデーにて連載されている「モブサイコ100」。普段は目立たず不器用な性格ながら、強大な力を持つエスパー少年のモブこと影山茂夫を主人公に描かれる“サイキック青春グラフィティ”だ。7月11日より、TOKYO MXほかにてテレビアニメが順次オンエアされる。コミックナタリーではアニメの放送を記念し、原作者のONEと監督を務める立川譲の対談をセッティング。それぞれ作品を描くうえで大切にしている部分や、キャラクターを演じる声優陣の印象、アニメならではの表現について聞いた。

取材・文 / 熊瀬哲子 撮影 / 石橋雅人

  • 494

    295

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「モブサイコ100」の世界を彩るキャラクターたち
影山茂夫 (通称・モブ)
CV:伊藤節生
超能力を持ちながら“普通”の生活をしたいと願う中学2年生。普段は抑え込んでいる感情が100%を超えると、隠された能力が大爆発!?
霊幻新隆 CV:櫻井孝宏
自称・霊能力者。「霊とか相談所」なる相談所を営むが、本人に霊能力はまったくないため、時給300円で雇った助手のモブに頼りっきり。
エクボ
CV:大塚明夫
神になるという、壮大な野望を抱いた上級悪霊。
影山律
CV:入野自由
成績優秀、スポーツ万能。塩中学校の生徒会役員を務めるモブの弟。
鬼瓦天牙
CV:細谷佳正
“鬼の天牙”と呼ばれる塩中学校の番長。生徒会から目をつけられている不良。
暗田トメ
CV:種﨑敦美
塩中学校の3年生。脳感電波部の部長を務める。
花沢輝気
CV:松岡禎丞
モブが自分以外で初めて出会った超能力者。愛称は“テル”。
米里イチ
CV:藤村歩
モブと同じクラスに所属する新聞部員。
ツボミ
CV:佐武宇綺
モブの幼なじみで、彼が淡い恋心を抱く相手。
ONE×立川譲監督対談

こうやって描けばいいのか(ONE)

──アニメ「モブサイコ100」のティザーPVが公開された際(参照:アニメ「モブサイコ100」PV公開!伊藤節生&櫻井孝宏出演、監督は立川譲)、「原作の絵がそのまま動いている」「原作の雰囲気を壊していない」と原作ファンの方が評価しているコメントをたくさん見ました。ONEさん自身は動いている映像を観て、どんな感想を抱きましたか?

ONE 僕の絵なのに、すごくイキイキしてるなって。「こうやって描けばいいのか」と思いました(笑)。

立川譲 ははは(笑)。

ONE アニメになったことで、逆に理想的な僕の絵柄が見つかったという印象がありましたね。やっぱりアングルとかも流石だなと思いましたし、原作絵のグレードアップ版のように感じました。

──監督はファンの反応を見て手応えは感じましたか?

(奥から)立川譲、ONE。

立川 マンガをアニメ化するときに一番悩むのは、原作の雰囲気をどこまでアニメーションに落とし込むかというところなんですよ。初めに「モブサイコ100」の企画をもらったときに、もうちょっとモブをイケメンにといいますか、「少しほっそりさせて、今のアニメーション業界の好みにシフトさせようか」みたいな話も出ていたりはしたんです。

ONE もともと僕も自分の絵柄に対して不安を抱いてたので、アニメ化が決まったときに「このままの絵で大丈夫なのかな……」とずっと気になっていたんです。なので、アニメにするにあたって少しモブをイケメンにするとか、スタイリッシュなキャラデザにしようかという案が持ち上がったときは、もしかしたらそのほうが受け入れられるのかもしれないと思ったんですけど……。

立川 だけど、「モブサイコ100」でそれをやるのは違うのかなと思いまして。初めて原作を読んだときに抱いた独特な空気感みたいなものは、なんとかしてそのまま落とし込まないといけないんじゃないかと。なのでティザーPVを公開したときのファンの方々の反応は、すごくうれしかったですね。そのままで描いてよかったなと、率直に思いました。

ONE 制作の方々が、原作そのままの絵柄で突き抜けてくれたおかげですごくいいものに仕上がったので、僕も今は変わらなくてよかったなと思っています。

テレビアニメ「モブサイコ100」より。

──例えばですけど、女の子にもウケそうなデザインにして、モブと霊幻のバディものというところにスポットを当てたイケメン2人の物語……というお話にすることも、可能性としてはあったかもしれない?

立川 アニメ制作の観点からいうと、それぐらいに振り切ったほうが記号化できて描きやすいんですよ。髪の毛をサラサラにして、ハイライトをいっぱい入れて、キラキラした雰囲気のキャラクターにする。そういった絵柄のほうが得意なアニメーターはいっぱいいると思うんですけど、参加しているスタッフはみんなONEさんの絵柄がすごく好きで。だからONEさんが描く絵の“味”を追求するために、もともとの絵柄を活かしたデザインにしようという流れになりました。

ONE モブは“冴えない”とか“モテない”といった特徴があるキャラクターなので、仮にイケメン設定になったら、話も違うものになってしまったのかなと思います。

テレビアニメ「モブサイコ100」
ONE

自己表現がヘタな超能力少年・影山茂夫、通称・モブ。普通の生き方にこだわり、超能力を封印しているモブだが、感情が昂り、その数値が100になったとき、彼の身に何かが起こる!

インチキ霊能力者、悪霊、謎の組織……モブを取り巻く様々な人に囲まれて、彼はいったい何を思い、何を選ぶのか?

放送日時

TOKYO MX:2016年7月11日(月)24:00~
読売テレビ:2016年7月11日(月)26:29~
BSフジ:2016年7月12日(火)24:30~
テレ朝チャンネル1:2016年7月20日(水)24:30~
※テレ朝チャンネル1では同日24:00から放送開始事前の特番を放送

スタッフ

原作:ONE(小学館「マンガワン」連載中)
監督:立川譲
シリーズ構成:瀬古浩司
キャラクターデザイン:亀田祥倫
美術監督:河野羚
色彩設計:中山しほ子
撮影監督:古本真由子
編集:廣瀬清志
音響監督:若林和弘
音楽:川井憲次
アニメーション制作:ボンズ

キャスト

影山茂夫(モブ):伊藤節生
霊幻新隆:櫻井孝宏
エクボ:大塚明夫
影山律:入野自由
鬼瓦天牙:細谷佳正
暗田トメ:種﨑敦美
花沢輝気:松岡禎丞
米里イチ:藤村歩
ツボミ:佐武宇綺

ONE「モブサイコ100(12)」 / 2016年6月17日発売 / 小学館
ONE「モブサイコ100(12)」
596円
Kindle版 / 596円

©ONE/小学館

ONE(ワン)
ONE

自身のサイトでWebマンガ「ワンパンマン」を公開し人気を博す。「ワンパンマン」は村田雄介を作画担当に迎えたリメイク版が、となりのヤングジャンプ(集英社)にて連載化。2015年10月にはテレビアニメも放送された。2016年には小学館のマンガアプリ・マンガワンと、裏サンデーにて連載中の「モブサイコ100」のテレビアニメ化も決定。ボンズ制作により、7月に放送がスタートする。

立川譲(タチカワユズル)

アニメ監督、演出家。「BLEACH」「キルラキル」「進撃の巨人」など人気のアニメ作品の絵コンテや演出を担当している。2013年には自身が原作、脚本、監督を手がけたアニメ「デス・ビリヤード」が全国の映画館などで公開された。2014年に放送されたアニメ「残響のテロル」では助監督を務めている。2015年1月には自身が原作、監督、シリーズ構成を担当したアニメ「デス・パレード」がオンエア。2016年7月には監督を務めるテレビアニメ「モブサイコ100」の放送がスタートする。