映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

中条あやみ「覆面系ノイズ」の歌唱シーン述懐、志尊淳は“王子様”小関裕太をイジる

2541

「覆面系ノイズ」公開記念舞台挨拶の様子。左から小関裕太、中条あやみ、志尊淳、三木康一郎。

「覆面系ノイズ」公開記念舞台挨拶の様子。左から小関裕太、中条あやみ、志尊淳、三木康一郎。

覆面系ノイズ」の公開記念舞台挨拶が本日12月6日、東京・新宿ピカデリーにて行われ、キャストの中条あやみ志尊淳小関裕太、監督の三木康一郎が登壇した。

福山リョウコの同名マンガを原作にした本作は、音楽に青春を懸ける高校生たちの姿を描いた“片思いだらけ”のラブストーリー。歌が大好きな少女・ニノを中条、ニノに思いを寄せるユズを志尊、ニノの初恋の相手・モモを小関が演じている。

MCから作品の反響を聞かれた中条は「地元の友達から、『響けー』と劇中歌の『カナリヤ』を歌ってくれている動画が届きました」とうれしそうにコメント。「地元の友達とはカラオケには行ってなかったので、『いつの間に練習したの?』と言われました」と続ける。

志尊は「姉は今まで僕の出演作を観てくれてなかったんです。でも『覆面系ノイズ』は観てくれたんです!」と明かし、「『中条あやみちゃんかわいいね』『小関くんカッコいいね』と感想を言ってくれて。そのあと僕に対して『あんたは唇青かった』と言ってきました」と笑う。小関は「映画を観た方から『別人みたい』と言ってもらえたのが役者としてうれしかった」と喜びを語った。

音楽が大好きと前置きした小関は「この作品は音楽のパワーがすごい。甘いメロディーが粒状にちりばめられている」と熱弁。その言葉を受け、志尊は「裕太は感覚がロマンティストだよね。僕は『甘いメロディーが』とか言えないもん。王子様みたい」とイジる。

「歌は避けたいと思っていた」と言う中条は「SNSを見ると私の歌を褒めてくれている方がたくさんいて、大変だったけど、がんばってよかったなと思いました。でもそれは曲がいいからだし、ライブシーンでカッコよく演奏してくれたみんなのおかげ」と述懐。志尊が中条に「ライブシーンの撮影前、暗い顔してた」と述べると、中条は「生きてた記憶がない」と告白する。イベントでは音楽ディレクター・北村岳士から中条に宛てた手紙も代読され、中条は目に涙を浮かべていた。

「覆面系ノイズ」は、現在全国にて公開中。

映画ナタリーをフォロー