映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

マット・デイモンが13cmに、アレクサンダー・ペイン監督作「ダウンサイズ」特報

155

マット・デイモンが主演を務める「ダウンサイズ」の日本公開日が3月2日に決定。あわせて日本版ポスタービジュアルが到着し、YouTubeにて特報が解禁となった。

本作は、「サイドウェイ」「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」のアレクサンダー・ペインがメガホンを取ったSFドラマ。人口過多により住みづらくなった地球で、人間の体のサイズを13cmに縮小する技術が生み出されたことから、人類を縮小する計画が持ち上がる。主人公のポールをデイモン、妻オードリーをクリステン・ウィグが演じ、クリストフ・ヴァルツホン・チャウがキャストに名を連ねた。

特報には、体を縮小することで財産が14億円になると説明を受けるポールとオードリーや、13cmになることを決意したポールがスキンヘッドになる様子が切り取られている。デイモンは本作について「台本は非常にユニークでオリジナリティがあり、こんなアイデアを作品にするなんて、今のハリウッドではめったにないことだよ」とコメントを寄せた。

「ダウンサイズ」は東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

(c)2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

映画ナタリーをフォロー