映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

自主制作スプラッター専門・学生残酷映画祭の審査員に高橋洋、山口雄大、押切蓮介ら

106

学生残酷映画祭2017が、11月19日に東京・ロフトプラスワンにて開催される。

このイベントは、大学・専門学生による自主制作スプラッター作品を募集して上映する映画祭。作品応募の際には、劇中に流血や人体破損等の残酷描写があることが条件となっている。

今年度は、究極の生理を求めて旅する“生理ソムリエ”の男が運命の女と出会う「ソムリエ」、低劣な男に殺意を抱く女性が、ある日勢いで殺人を犯し葛藤する「偽影」、生まれつき排尿を我慢できない病気を持ついじめられっ子の男が復讐を決意する「目には目を。尿には尿を。」など5作品がラインナップされた。

審査員を務めるのは、「女優霊」「リング」の脚本家・高橋洋、「HiGH&LOW THE RED RAIN」「珍遊記」の監督・山口雄大、「ミスミソウ」「ハイスコアガール」で知られるマンガ家・押切蓮介、小説家の平山夢明。グランプリ受賞者には、審査員のサインが入ったわら人形とキングレコード“ホラー秘宝”関連の映像制作権が贈られる。

前売り券はイープラスにて販売中。

学生残酷映画祭2017

2017年11月19日(日)東京都 ロフトプラスワン
開場 12:00 / 開映 12:30
料金:前売り券 1500円 / 当日券 1800円(要1オーダー500円以上)
<上映作品>
「Neo Kessitai」
「ソムリエ」
「偽影」
「目には目を。尿には尿を。」
「下痢人間」

映画ナタリーをフォロー