「おじいちゃん、死んじゃったって。」主演・岸井ゆきのが「やっと真ん中に立てた」

199

おじいちゃん、死んじゃったって。」の初日舞台挨拶が、本日11月4日に東京・テアトル新宿にて開催され、主演の岸井ゆきのら12名が登壇した。

「おじいちゃん、死んじゃったって。」初日舞台挨拶の様子。後列左から小野花梨、赤間麻里子、池本啓太、大方斐紗子、山崎佐保子。前列左から松澤匠、岩松了、美保純、岸井ゆきの、岡山天音、光石研、森ガキ侑大。

「おじいちゃん、死んじゃったって。」初日舞台挨拶の様子。後列左から小野花梨、赤間麻里子、池本啓太、大方斐紗子、山崎佐保子。前列左から松澤匠、岩松了、美保純、岸井ゆきの、岡山天音、光石研、森ガキ侑大。

大きなサイズで見る(全3件)

「おじいちゃん、死んじゃったって。」本ポスタービジュアル

「おじいちゃん、死んじゃったって。」本ポスタービジュアル[拡大]

本作は、祖父の葬儀をきっかけにひさびさに集まった家族が、ある事件をきっかけに本音をさらけ出していくホームドラマ。この舞台挨拶には、主人公・吉子役の岸井に加えてキャストの岡山天音光石研美保純岩松了小野花梨赤間麻里子池本啓太大方斐紗子松澤匠が参加し、原作と脚本を手がけた山崎佐保子と監督の森ガキ侑大も出席した。

山崎は「初稿を書いてから今日までで7年間かかってます。感無量を通り越して、もう浦島太郎状態です」と挨拶。本作で初めて長編映画のメガホンを取った森ガキは「大好きな役者の方々とこの映画でデビューできて本当にうれしく思います」と感謝を述べる。本作で映画初主演を果たした岸井は「ああ、私も真ん中に立てたというか。周りの皆さんに支えられて、1人でやってるんじゃないなって思いました。仕事に対するスタンスがすごく前向きになったというか、変わりました」とコメントした。

熊本県人吉市で約2周間かけて撮影した本作。岩松は「70%は現場にいて、あとの30%は人吉をブラブラしていました。僕、喫茶店が好きで、人吉の喫茶店に行ってはそこにいたおばさんと友達になっていました。今、あのおばさんは元気かなと今日を迎えています(笑)」と話す。光石は、岩松との喧嘩シーンを「お互いいい年齢なので、けがだけはしないように注意しました。メイキングにも入っているのですが、いっぱいお布団を敷いていただいて、その上でやったり。とにかくスタッフの皆さんにケアしていただきました」と振り返る。

美保は、夫役を務めた岩松と「岩松さんとはこの前も夫婦役をやったんですが、一緒のシーンはありませんでした。仲いい夫婦、いつかやりたいですよね」「僕たちのシーンは車の中だけなので、家族という実感が今一つなかったですよね」と会話する。さらに美保は「岩松さんとはメル友になったのですが、『夫婦になったけど、絡みはなかったね』って連絡が来て、え、ベッドシーンのこと!?ってドキッとしました」と笑う。また吉子の恋人役の松澤は、「1回東京に戻ってからまた人吉で皆さんと合流したら、家族(役のキャスト)が家族になっていたので、僕は転校生のような気分でした。そんなときに光石さんは『お前は俺の娘の彼氏なのか!』と言ってきて、僕は怖気付いてしまったんですが(笑)。それ以降は仲良くしてもらいました」と裏話を明かした。

最後に岸井が「この作品はみんなが必ず最初に属する集団である家族のお話なので、いろんなところで共感していただけるように、飛び立ってほしいなと思います」と挨拶。そして森ガキが「初監督の僕にテアトル新宿さんはこんなに大きな舞台を用意してくれて。松竹さんの力ですごく広めていただけて、うれしく思っています。素敵なスタッフや役者陣と、汗まみれ泥まみれになりながら作った作品です」と話し、イベントは終了した。

※山崎佐保子の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

この記事の画像・動画(全3件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

岸井ゆきののほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017「おじいちゃん、死んじゃったって。」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 おじいちゃん、死んじゃったって。 / 岸井ゆきの / 森ガキ侑大 / 岡山天音 / 光石研 / 美保純 / 岩松了 / 小野花梨 / 赤間麻里子 / 池本啓太 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。